こじれたふたり Vol.5

緊急事態宣言を逆手に取って「今夜うちで飲まない?」と女子を誘ったら…。男が後悔した理由とは

目まぐるしい東京ライフ。

さまざまな経験を積み重ねるうちに、男も女も、頭で考えすぎるクセがついてしまう。

そしていつのまにか、恋する姿勢までもが”こじれて”しまうのだ。

相手の気持ち。自分の気持ち。すべてを難しく考えてしまう、”こじらせたふたり”が恋に落ちたとしたら…?

これは、面倒くさいけれどどこか憎めない、こじらせ男女の物語である。

◆これまでのあらすじ

志保は「ショーンが私なんかを好きになるわけがない」と諦め、同僚に紹介された結婚相談所に入会する。しかし、そんなタイミングでショーンから4度目の食事の誘いが…。

▶前回:「どう見ても彼、脈ナシ…」そう確信したバツイチ女子が駆け込んだ、まさかの場所とは


ショーン:「なんで、あんなこと…」


志保とのLINEのやりとりを見返しては、自問自答する。なぜ僕はこんなことを言ってしまったのだろう、と。

<志保:ショーンくん、結構遊んでるらしいじゃん(笑)、会社の同僚に聞いたよ!>
<ショーン:まあ、僕ちょっとモテるんでね>

志保にはまだ、僕が実はアニメ好きでインドア......


【こじれたふたり】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo