報道ガールの恋愛事件簿 Vol.1

報道ガールの恋愛事件簿:好きな男に職業を言えない…。一見華やかな25歳女が、素性を明かせない理由

—ありのままの自分を、好きな男に知られたくない。だってきっと、また引かれてしまうから…。

高杉えりか、25歳。テレビ局に新卒で入社し、花形部署で働いている…といった、表向きは華やかなキャリアを突き進む女。

しかしその実情は…。プライベートはほぼ皆無、男社会に揉まれ、明け方から深夜まで拘束される報道記者。しかも担当は、血なまぐさい事件ばかりだ。

だけど、恋愛も結婚もしたい。そんな普通の女の子としての人生も願う彼女は、幸せを手に入れられるのかー?


左、左、左。あ、イケメン。右、左、左……。

『バッテリーの残量が20%になりました』

暇つぶしがてら無心でスワイプを続けていたら、スマートフォンの画面が少し暗くなり、突然ポップアップが浮かび上がった。

左上の時刻は『00:26』。

溜息をついたえりかは、スマートフォンをパンツのポケットへ無造作に押し込んだ。仕立てのいい生地で作られたジャケットが、湿気を帯びたぬるい風にあおられてひらりと揺れる。

「見てくれるのがおっさんばっかじゃ、セリーヌも泣いてるよね…」

入社して初めてのボーナスで、奮発して買ったジャケット。買ったばかりの頃はそれはそれは丁寧に扱って、居酒屋に行っても周囲のタバコや焼き鳥の煙がつかないよう、店員に預けて眉をひそめられたものだった。

あれから3年。ハイヤーで寝るときには丸めて枕代わりにし、昼間は土ぼこりにまみれ、今は電柱にべったりともたれかかって汚れようが、お構いなし。

もう一度溜息をついたとき、暗がりから足音が聞こえてきた。

えりかは慌てて電柱から身を離し、背筋を伸ばす。風で乱れていた、肩より上で切りそろえた黒髪のショートボブを手で撫で付ける。

「なに、俺のところ来たってなにもないよ」

低く不愛想な声に、えりかはとってつけたような笑みを顔に張り付けた。

「またまた。そんなこと言わないでくださいよ、一課代理。今日も遅かったですね」

「勘違いされるだろ、若い女が家の前でジーっと待ってたら。迷惑なの」

待ちたくて待ってたんじゃないやい。

「渋谷のラブホで見つかった遺体の女性、交際相手がトんでるって聞きました」

「若い女がラブホとか言うんじゃないよ、50のおっさん相手にさ」

男が息を吐くと、汗とタバコの匂いがゆらゆらと漂う。

えりかは頬をふくらませ、上目遣いに男をわざとらしくにらみつけた。

「だって私、警視庁一課担当の記者ですから」

【報道ガールの恋愛事件簿】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo