高嶺のカナ Vol.7

「初めて男の人に、こんな風にしてもらえた」。心を掴まれた女が、思わず彼にしたコト

「好きになった相手は、高嶺の花だった」。

もしもあなたが、手の届かないような存在の相手を好きになってしまったら、どうしますか?

石崎健人(27)が恋に落ちたのも、自分には釣り合わないと諦めていたような“高嶺の花”。

それまで身の丈にあった、分相応な人生を送ってきたはずの男が、憧れの女性を手に入れ、結婚まで漕ぎ着けた方法とは…?

◆これまでのあらすじ

それは2年前、健人が25歳の頃のこと。花奈と付き合い始めたものの、彼女を狙う人事部のエリート・狭間が出現する。それでも健人はめげずに…?


子どものころから、花奈は家では孤独だった。

「今日はこれを温めて食べてね。ママ、出かけてくるから」

普通の家庭にあるような、家族団らんを楽しみながら食卓を囲むといった思い出は一切ない。

花奈にとって食事とは、袋から出したものを電子レンジで温め、それを広いリビングで1......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
健人のこと応援してるね!朝から微笑ましかったよ。
2020/07/04 05:5299+返信9件
No Name
料理ができる男性素敵です。
2020/07/04 06:0099+
No Name
流石にこんな少女時代は可哀想。カナの母親も忙しかったのかもしれないけど、蔑ろにし過ぎでは?
2020/07/04 06:5476返信11件
No Name
健人、いい男だね。二人うまく行くと思う。頑張れ❗
2020/07/04 07:0839返信2件
No Name
食べ方綺麗なのに食に興味ないって寂しいな。
花奈の悲しい食の記憶が健人によって幸せなものに上書きされていく事を願ってます。
2020/07/04 08:1232
もっと見る ( 54 件 )

【高嶺のカナ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo