あなたに会える、その日まで Vol.10

「お腹の子の性別、知りたくないです」産婦人科で宣言した夫婦の本心

新しい命をお腹に宿し、赤ちゃんとともに過ごす十月十日。

花冠をつけて、マリア様のようにやわらかく微笑むマタニティーフォトの裏側には、さまざまな物語がある。

たくさんの笑顔と涙に彩られるマタニティーライフ。

あなたに会える、その日まで。

◆これまでのあらすじ

市川優は、独立したばかりのテキスタイルデザイナー。結婚5年目の33歳だ。

不妊治療の末、念願の赤ちゃんを授かるも、切迫流産での入院や、母親の孫フィーバーと、前途多難だ。

妊婦友達の夏実が、予定日より10週以上早く出産することになって…


初めての赤ちゃんを迎えるにあたって、優と亮介のバースプランに、新たな項目が追加された。

「赤ちゃんの性別は聞かない」

お腹の赤ちゃんは、逆子が治ってからも結局”隠し続けて”いる。その様子を玉木医師とエコーで見ながら、「もしかしてサプライズ好きな子?」と、夫婦で笑ったのだ。

「先生、こうなったら生まれるまでのお楽しみにします。ねえ、亮介」

「そうだな。赤ちゃんもきっとサプライズをしたいんだよ。その計画に乗ろう」

玉木医師は笑顔で頷いた。

「それも良いわね。私たちの親のころは、生まれるまでわからないのが当たり前だったし、ワクワクしながら待つのも良いものよ」

そう言いながら、モニターを優の視界から隠した。

「ただね、今のエコーは性能が良いから、知りたくなくても妊婦さんにも見えちゃうのよね。この子だって急にこっち向くかもしれないし。私も気をつけなきゃ!」

玉木医師の慌てた様子に、亮介と優は笑った。

「赤ちゃんの性別を知りたくないというご夫婦って、今は少ないのでしょうか?」

亮介がそう切り出す。たしかにこれまで2人の周りでは、妊娠半ばには性別を教えてもらってあれこれ準備をしている人ばかりだった。「なるべく早く知りたい」、とみんな口を揃えて言っていたし、優もたった今まではそう思っていたのだ。

【あなたに会える、その日まで】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo