美女の憂鬱 Vol.13

「あなたの存在が、特別に思えて…」見た目で人を判断していた美女が、心変わりしたワケ

街を歩けば思わず振り返ってしまう。だけど目が合えば、逸らしてしまいたくなる。

誰もが羨望の眼差しを向ける、美しい人。…しかし、美女には美女にしかない悩みがあるのだ。

「オトせない男はいない」と言われ続け、早29年の奈津子もそのひとり。

―誰も本当の私なんて知ろうともしない。

これは、そんな美女と美女に恋した二人の男の物語。

◆これまでのあらすじ

真人と別れ、奈津子自身の生き方にも少しずつではあるが変化が訪れ始めていた。そんなある日、上司から大阪支社への異動を告げられるが…。


2019年 6月上旬


―来月から大阪支社へ異動か…!

帰宅した奈津子は、リビングのソファに寝転がり、喜びをかみしめていた。

長年暮らした東京から離れることになるのは、少し寂しい気持ちもする。しかし、かねてから目標にしていた課長昇進は、奈津子にとって何よりも嬉しいことなのだ。

ただ嬉しさと......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
月曜日の朝に読む小説がハッピーエンドだと気分が良くなります。互いに相手のことを思いやって幸せになりましょうって素敵です
2020/06/01 05:2199+返信1件
No Name
良かったね!
終わり良ければ全てよし。なんだかんだ言ってハッピーエンドは幸せな気持ちにしてくれますね。
2020/06/01 06:3295
No Name
まぁ、こうなるべくしてなったというか。おめでとうございます。
2020/06/01 05:5870返信1件
No Name
ジムのトレーナーがもっと存在感示すかと思ったけど、後半出番なしだったな。
2020/06/01 06:5621返信5件
田舎者
めでたし、めでたし。
でも、最後がちょっと出来すぎ君です。
2020/06/01 06:3218
もっと見る ( 35 件 )

【美女の憂鬱】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo