高嶺のカナ Vol.2

「ああいう女性は、男たちが放っておかない」。交際1日で、男が同僚の女から言われたこと

「好きになった相手は、高嶺の花だった」。

もしもあなたが、手の届かないような存在の相手を好きになってしまったら、どうしますか?

石崎健人(27)が恋に落ちたのも、自分には釣り合わないと諦めていたような“高嶺の花”。

それまで身の丈にあった、分相応な人生を送ってきたはずの男が、憧れの女性を手に入れ、結婚まで漕ぎ着けた方法とは…?

◆これまでのあらすじ

花奈(かな)からプロポーズされた健人。高嶺の花の彼女からプロポーズされるなんて、まさに奇跡だ。

だが一方で、花奈には健人に言えない事実があったようで…?


あれは2年前、25歳だった頃のこと。

健人が花奈(かな)に告白したのは、忘れもしない、会社の同期会の帰り道だった。

健人の喉はカラカラに乾いていた。それなのに、口の中は妙に粘っこかった覚えがある。人は極度に緊張すると、こうなるものなのかと初めて知った。

だが、そんなことを考えている場合ではない。早く言わなければ。そう思った瞬間、痺れを切らした花奈が訝しげに聞いてきた。

「どうしたの?」

焦った健人は、気づけば、当初予定していたのとは違う言葉を放っていたのだ。

「つ、付き合ってください!!!」

しまった、と思った時にはもう遅かった。

「え…?それって…」

花奈は驚いた様子で、健人のことを見つめている。

−ああ…。付き合ってなんて言うはずじゃなかったのに…。

緊張のあまり頭が真っ白になり、勢い余ってわけのわからないことを口走ってしまったのだ。

しかし、今さら違うなんて言えない。それに自分が彼女に惚れているのは事実だから、否定するのも間違っている気がした。

「…」

二人の間に、痛いほどの沈黙が流れた。

どのくらい時間が経っただろう。花奈は、たっぷりと時間をかけて何かを考え込んでいた。

健人に出来るのは、彼女が何か言ってくれるのをじっと待つことだけだ。そうしてしばらくして、ようやく花奈は口を開き、こう言ったのだ。

「…うん。よろしく」

健人は、信じられない気持ちでいっぱいだった。

家に帰る途中、何度も頬をつねって夢でないことを確かめてみる。頰がジンと痛むたび、「現実なんだ…」という実感が湧き、嬉しさが込み上げてきた。

【高嶺のカナ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo