元カレ・コレクション Vol.10

「デート中にまたそういうことするの?」交際してすぐに、女が不信感を抱いた男の行動

結局その後、互いの職場の中間地点あたりにある店で落ち合うことにした。

「杏里ちゃん、先週は急に病院に戻ることになっちゃって、本当にごめんね」

席に着くやいなや、俊介は申し訳なさそうな表情でこちらを見た。

「いえ、そんな、お仕事なんだし仕方ないですよ。それより大丈夫でしたか?」
「うん、おかげさまでなんとかあの日は解決したよ。ちょっと今週もバタバタしてたんだけど、今日やっと落ち着いてさ」

ー忙しくても、一行の返信くらいできるでしょ…。

そう言いたい気持ちを、ぐっと飲み込む。杏里とはきっと、職場の環境も全然違うのだ。

「無事解決したみたいで、よかったです」

杏里の言葉に、俊介はホッとしたように微笑んでいる。

「それで、この前のことなんだけど…。改めて言うことになってしまうけど、その、お付き合いをしてもらえないかな?」

何と返そうか迷っていると、俊介は続けてきっぱりと告げた。

「この前も伝えた通り、結婚を前提に、で」

ーこれ以上無駄な恋愛はしたくないと思ってた。だけど、俊介さんとは、きっと良い付き合いができるはず…。

これまでの元カレたちから学んだ、“自分が相手に求めること”をなぞりながら、杏里はもう一度考える。

俊介は、間違いなく仕事を頑張っているし、杏里の仕事の話も肯定的に聞いてくれる。そして、これまでの彼の言葉と行動を全て信じるのであれば、誠実そうである。

そして何より、結婚を前提に、ということを口に出して言ってくれた。


「はい。私でよければ、ぜひお願いします」
「ほんと?よかった…!」

俊介は、初めて見せるような屈託のない笑顔を浮かべ、杏里を見つめた。

「また、今度ゆっくりドライブのリベンジもしようね」
「はい…!」

安堵、そして嬉しさが胸いっぱいに溢れてくる。

幸せな気持ちに包まれながら、二人でたわいもない話に笑い合って、2時間ほど過ごした。店を出て時刻を見ると、まだ22時半だ。

ー前回のデートは急に中断することになったけど、今日は付き合うことになったわけだし、もう少しゆっくりしたいな…。

「あの…。この後って…」

杏里がそう言いかけたとき、俊介がちらりと時計を見て、立ち止まった。

「今日はちょっと、また病院に戻らなきゃいけないんだ。駅まで送るよ」

ーえ…?また仕事に戻るの…?

俊介は本当に仕事が忙しいということは、頭では理解している。だが、どうしても他に理由があるのではないかと勘ぐってしまうのだった。


▶Next:5月29日 金曜更新予定
“結婚を前提に”付き合うことになったはずなのに…。杏里と俊介は、この後どうなる?

東レデート詳細はこちら >



【東カレSUMMERプレゼントキャンペーン】

アンケートに答えて素敵な賞品をGETしよう!
アンケートはコチラから!

【元カレ・コレクション】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo