フレンチ出身シェフの焼鳥を青山で堪能!ワインと料理に女性の好きがつまってる!

デートでも女性同士でもぴったりな焼き鳥店が渋谷二丁目にある『焼き鳥 達』だ。

フレンチ出身のシェフが手がけるメニューはフォアグラムースやうにのスクランブルなど逸品ぞろい。

焼鳥も独創的で絶品な、青山の人気店の魅力をお伝えしよう。

フレンチ出身のシェフが手がける
斬新な焼き鳥がここにある!

渋谷二丁目のビル2階にひっそりと佇む『焼き鳥 達』。

同店を手がけるのは、『ゴードン・ラムゼイ』(現在は閉店)など、フレンチの名店で修業を積んだ石井達郎シェフ。

“焼き鳥×フレンチ”という斬新なスタイルは、訪れる人に新しい美味しさと驚きを与えてくれる。

「達コース」(1人前6,000円)の内容と共に、同店の魅力を紹介したい。

「ズワイ蟹とカリフラワーのムース カレー風味」

コース序盤から“焼き鳥”を食べに来たことを忘れさせる

コースの内容は月毎に少しずつ変化していく。この日アミューズの後に登場したのは「ズワイ蟹とカリフラワーのムース カレー風味」。

ズワイ蟹は、ガリと粒マスタードで合えられており、ムースのスパイシーな味わいと相性抜群。

積極的に和の食材を取り入れて調理するのも、シェフのこだわりのひとつである。

「半熟卵とうにの炙り焼き ポルト酒の香り」

ポルト酒の香りと半熟卵、そして魚卵
見事なマリアージュを楽しめる逸品

オープン当時からの人気メニューが「半熟卵とうにの炙り焼き ポルト酒の香り」。

茨城県産の奥久慈卵を使用。和出汁ベースのタレで味付けを施した半熟卵の上には、新鮮な生うにといくらをたっぷりと。

とろみが出るまで煮つめたポルト酒をサッとかけて仕上げた一皿は、ワインの進む極上の味わいだ。

「フォアグラと豆腐のムース ブリオッシュトースト」

ビジュアルからもシェフの経歴を感じる一皿

シェフの経歴をしっかりと感じられる一皿が「フォアグラと豆腐のムース ブリオッシュトースト」。

フォアグラのムースは、本来、生クリームを使って作られる事が多いが、同店ではペースト状にした豆腐を使用。

そんなあっさりとした食べ心地のムースを、炭火で焼き上げたブリオッシュトーストでサンド。間に挟まるカカオニブの食感もいいアクセントになっている。

写真手前から「せせり」、「ささみ」、「レバー」

フレンチの技術を応用し作り上げる焼き鳥

コース中盤には塩の串2種が供される。この日塩で用意いただいたのは「ささみ」、「レバー」、「せせり」の3種。

おすすめは「ささみ」。白ワインと白ワインビネガーで煮つめたエシャロットとわさびといった薬味が爽やかな酸味をプラスして、よりあっさりと味わうことができる。

また串には仕上げに、世界中の有名シェフが愛用するイギリス産のマルドンシーソルトを振るのもシェフならではのこだわりだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo