ひも結び Vol.3

「君なら理解してくれると思ってた」2年半付き合った彼氏に突きつけられた、無理難題

心の安らぎのため、人は愛を求める。

しかし、いびつな愛には…対価が必要なのだ。

―どこへも行かないで。私が、守ってあげるから。

これは、働かない男に心を奪われてしまった、1人の女の物語。

◆これまでのあらすじ

IT企業で働く31歳の川辺望美は、役者志望のヒモ・ヒデにお小遣いを与えながら、苦い過去を思い出すのだった。


「望美はもっと、先進的な考えの女性かと思ってた」

それが2年前、上岡と別れる時に言われたセリフだ。

上岡が望美の勤めるIT企業に転職してきて以来、2年半の付き合い。望美は29歳。上岡は42歳。望美が上岡に対して言った「結婚のこと、どう考えてる?」という質問は、ごく当たり前のもののはずだった。

だが、上岡がキョトンとした顔で告げた事実に、望美は愕然とする。

「あれ…言ってなかったっけ。僕、レベッカと書類上は婚姻関係だよ。結婚してる」

レベッカとは、上岡がシリコンバレーに残して来たビジネスパートナーのことだ。時折スカイプなどでミーティングをしているのを、望美も目にしたことがある。

そのレベッカと、上岡が…結婚している。

じわじわと言葉の意味を理解した望美は、柄にもなく悲鳴のような声を上げて上岡を問い詰めた。

「なにそれ…?聞いてないよ。どういうこと?」

望美の半狂乱な様子に引き気味になりながら、上岡は淡々と応戦した。

「ごめん。望美に結婚願望があるなんて、思ってもみなかった。レベッカと僕は確かに夫婦だけど、ご存知の通り、今はもうビジネス上のパートナーとしてしか機能していないんだ。

それで僕が帰国する時に、離婚の面倒を取るんじゃなくて、オープンリレーションシップ、つまり結婚していても自由に関係を築いていい取り決めをしたんだよ」

「わ、私は浮気相手だったってこと?2年半も?」

【ひも結び】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo