そろそろ日本酒にちゃんと詳しくなりたいあなたへ!恵比寿で入りやすい人気酒場10選

  • 常時200種ほどの日本酒を揃える

  • 「刺身盛り合わせ」(1人前1600円)※写真は2人前

  • 「珍味三種盛り合わせ」(1,500円)

  • 「のどぐろの塩焼き」(3,000円)

  • 「日本酒レモンサワー」(800円)

  • カウンターとテーブル席を備える

  • オーナーの直野秀治郎氏

  • 「付き出し」おにぎりの内容は日により異なり、この日はじゃこのおにぎり

  • 「季節の八寸」※内容は日により異なる

  • アンティーク調でまとめた店内

  • 「ブルーチーズハムカツ」と「民宿とおの どぶろく・生酛」

  • 「GEMの肉じゃが」にはバランスのいい甘みのする「山形正宗 まろら」などを合わせてみてはいかがだろう

  • ふんわりと仕上げた「のど黒塩焼き」はとろける食感と深い味わい

  • 「のど黒の土鍋飯」には新潟産のコシヒカリを使用

  • カウンターでは板前の職人技を眺めながら新潟の酒と料理が味わえる

  • 生本まぐろ、時しらず、真子かれい、八角

  • 日替わりの棒寿司は〆におススメ「北海道 網走 炙りにしんの棒寿司」

  • 常時50種類以上、魚介によく合う日本酒ばかりを厳選して取り揃えている

  • 「お刺身盛り合わせ」。土佐醤油と煎り酒が用意され、合わせるお酒によって味を変えるのがおすすめ

  • 「玉子焼き」(ハーフサイズ300円)

  • カウンター席の他、テーブルや個室も備える

  • その日一番粋のいい貝を使った「おまかせ活貝盛り合わせ」

  • 「北寄貝の鰹酒盗乗せ」はたまらなく日本酒が欲しくなる逸品

  • 活きたマテ貝をその場で調理するから、新鮮そのもの!

  • 連日飲兵衛が集う、飲みすぎ注意のワイガヤ酒場は、おひとり様にもおすすめ

  • 看板メニューの「レバー」。塩加減も絶妙

  • 市場や漁港から毎日仕入れる鮮魚をお刺身で

  • しっとりとしつつも、煮込んでも崩れない力強さがある「とうふ」

  • 「カワハギ」のおでんは、もちろん肝までいただける

  • 大人数で皿を囲めば会話も弾む

  • 右.「穴子と春野菜の玉子とじ」。鍋のふたを開けると山椒の香りが立ち上る 左.「金目鯛の煮付け」。見た目も豪快なひと皿

  • 右.「土鍋盛り」※写真は3人前 左.店奥には6名用の個室も

もどる
すすむ

1/37

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo