嘘 Vol.4

「そんなつもりじゃなかったのに…」男友達の家にお泊りした翌朝、女がとった行動

どうしてあの人は、私のことを好きになってくれない?

恋愛の需要と供給ほど、バランスが崩れているものはないかもしれない。

好きなあの人には振り向いてもらえず、好きでもない人からアプローチされる。

そして、満たされぬ思いを誤魔化すために、人は自分に嘘をつく。

嘘で人生を固めた先にまっているのは、破滅か、それとも…?

満たされぬ女と男の4話完結のショートストーリー集。1話~4話は、ー片想いー

◆これまでのあらすじ

紗英(26)は、彼女持ちの友也に心惹かれながらも、自分に気がある健二で寂しさを紛らわせていた 。ある日、友也が、彼女と別れたことを知り紗英は衝動的に友也に思いを伝えてしまうが、あっけなく玉砕する。失意のどん底に陥った彼女は、いつものように健二を呼び出したが、そのことがきっかけで、2人の関係に変化が…?


「紗英ってそんなヌケてんのに、よく大企業受かったよなー」
「え、健二、それひどくない~?」

平日の会社帰り、『焼き鳥やおや』

気取らない店でも、健二とならこうして楽しめる。他愛もない話で笑いあえる。気が合う方なのは確かだった。

「最近車買おうか悩んでてさ。見て、このBMWの3シリーズ。これさ…」

健二はそんなことを言いながら、スマホの画面を見せてくる。

大きな手に包まれたiPhone11は、かなりコンパクトにみえる。そして、何やら真剣に語るその横顔は、世間一般では塩顔イケメンという部類にはいるのだろう。

その市場価値の高さは理解しているつもりだ。

『健二のこと好きになれたらいいのに…』何度そう思ったことか。

ーあの日ー

友也にフラれ、深夜1時に麻布十番をさまよい歩きながら、無意識で健二を呼び出したあの夜…。

【嘘】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo