格差婚~僕の3倍稼ぐ妻~ Vol.2

「妻の収入をアテにする男と一緒にするな」夫のプライドを打ち砕いた禁句とは?

夫は外で働き、女は家庭を守るべき。

女性の社会進出が進んだ現代において、そんな考えは時代遅れで、古臭い。

自分は、共働き賛成、バリバリ働く妻・大歓迎。

そう思っている男性は多いだろう。

しかし、自分よりも圧倒的に稼ぐ妻を持ってしまったら…?

徐々にすれ違っていく、金銭感覚、価値観、ライフスタイル。

超ハイスペ妻と結婚した夫は、一体どうなる…?

◆これまでのあらすじ

超ハイスペ妻・玲の「育休取ってくれる?」という発言に違和感を感じ始めた康太。そんな中、今日は玲の友人のベビーシャワーが行われるが…?


−全部でいくらかかってるんだ…?

玲に頼まれて、業者の作業に立ち会っていた康太は、装飾されたパーティールームの様子に呆然とした。

ブルーとホワイトのバルーンが大量にプカプカと浮いており、壁には花のガーランドが飾られている。

テーブルにはレストラン顔負けのおしゃれなカトラリーやグラスが並んでいる。

さらにここには、今日のために特別に頼んだという豪華なケータリングが並ぶらしい。ホームパーティーの域を超えた有様に言葉を失っていると、装飾業者のスタッフが話しかけてきた。

「ダイパーケーキ、どちらに置きましょうか?」

−ケーキ?ケータリング業者はまだのはずだが…。

なぜ装飾の業者がケーキを?と不思議に思ったが、「とりあえず冷蔵庫に入れておいたらどうでしょう?」と、笑顔で答えた。

すると、スタッフは申し訳なさそうに「あっ、こちらのことです…」と、リボンが巻かれた、謎の白いタワーを指差した。

「え、あ、はい!? って…、それ何ですか?」

動揺のあまり、思わず声が裏返ってしまった。ケーキ=甘くてフワフワした食べ物という認識は、どうやら間違っていたらしい。

「日本流に言えば、おむつケーキですね。ケーキ型に紙おむつをデコレーションしています。安産祈願のプレゼントとして人気なんですよ」

−へ、へえ…。

康太は、カルチャーショックを受けながら、ケータリングが届くのを待った。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
夫とよく相談し、夫も望んで、夫より稼ぐ妻になった者です。
結果、夫は卑屈になり、どうせ俺なんてを連発しています。家事は約束通りやらないし、子供たちをお願いする日は空気が悪い。
男なんてやっぱり女を下にみていたいのかと思ってしまう。
2019/12/31 06:5899+返信17件
No Name
ちいさい、ちいさい、ちっさすぎるっ!エクストラスモールな男だっ!!!
2019/12/31 05:2599+返信18件
No Name
ミスマッチですね。地方出身の派遣で何が何でも東京で結婚して主婦になりたいっていう女子と結婚したらいいのに。もしくは家事したくないなら外注すればいいよね。こんな男にならないように息子を教育しないと!
2019/12/31 05:3099+返信7件
No Name
うーん、これは男女逆でもモヤモヤするかも。そもそも、配偶者が稼いでるから家事やらなきゃって発想が嫌い。
2019/12/31 07:4676返信8件
No Name
対等なパートナー関係を築くためには、
気持ちの面が1番大切なのかなぁって感じました。
2019/12/31 05:2458返信4件
もっと見る ( 166 件 )

【格差婚~僕の3倍稼ぐ妻~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo