僕のカルマ Vol.10

リビングに、不穏な物が…。夫の行為に対する、姿を消した妻からの仕打ちとは

世の中は、弱肉強食の世界だ。

特に、この東京で生きる男たちにとっては。

皆、クールな顔をしながら、心に渦巻くどす黒い感情を押さえつけるのに必死だ。

弁護士としてのキャリアを着実に重ねる氷室徹(34歳)は、パートナー目前。年収は2,000万を超える。圧倒的な勝ち組と言えるだろう。

しかし、順風満帆に見えた彼の人生は、ある同級生との再会を機に狂い始めていく。

◆これまでのあらすじ

ある日氷室は、かつての同級生・堀越と再会する。ところが堀越との案件が頓挫した上に、彼からは「昔氷室に暴行を受けていた」などと覚えのない主張をされて戸惑うばかり。

確実と見られていたパートナー昇格を逃し、失意のどん底にいる氷室。さらに、何者かによって撮られた美人秘書・宮瀬との逢瀬の写真が送られてきて、上司である大川に呼び出されるが…?


−沈黙が重い。

目の前の上司・大川から発せられるプレッシャーは、氷室がこれまでに感じたことがないほど大きく、強かった。

「メールの件だが」

部屋に入るなり大川からそう切り出された氷室は、「申し訳ありませんでした」と深く頭を下げた。そして、宮瀬とは慰労の意味で食事に出......


【僕のカルマ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo