僕のカルマ

世の中は、弱肉強食の世界だ。

特に、この東京で生きる男たちにとっては。

皆、クールな顔をしながら、心に渦巻くどす黒い感情を押さえつけるのに必死だ。

弁護士としてのキャリアを着実に重ねる氷室徹(34歳)は、パートナー目前。年収は2,000万を超える。圧倒的な勝ち組と言えるだろう。

しかし、順風満帆に見えた彼の人生は、ある同級生との再会を機に狂い始めていく。

思い上がり、嫉妬、嘘、過ち、復讐…。

一体何が、彼の人生を破滅させる引き金となったのだろうか。

【僕のカルマ】の記事一覧

13
    2020.01.08 Vol.13
    「仕事も女も、一瞬で失った…」年収2,000万超えのエリート男が転落した、本当の理由とは?
      2020.01.07 Vol.12
      「自分は勝ち組」と調子に乗り、家庭を顧みなかったエリート男の末路。「僕のカルマ」全話総集編
        2020.01.01 Vol.11
        「もしかして、ハメられてた?」美人秘書と火遊びした弁護士の男に、下された天罰
          2019.12.25 Vol.10
          リビングに、不穏な物が…。夫の行為に対する、姿を消した妻からの仕打ちとは
            2019.12.18 Vol.9
            「まさか、妻のしわざ…?」エリート夫を震え上がらせた、写真付きのメール
              2019.12.11 Vol.8
              「彼女は、心のオアシスなんだ」仕事に勤しむエリート男が、本能で取ってしまった行動
                2019.12.04 Vol.7
                「彼女を見る目が変わった…」。秘書の女と一晩過ごした男の、胸の内とは
                  2019.11.27 Vol.6
                  「どうか私をお使いください…」。エリート男の理性を狂わせた、禁断の相手とは
                    2019.11.20 Vol.5
                    「あの場所が、僕のシェルターだった」。今をときめく社長の原点となった、壮絶な出来事とは
                      2019.11.13 Vol.4
                      妻を置き去りにし、夫はホテルで一夜を…。順調だったはずの夫婦に訪れた悲劇とは
                        2019.11.06 Vol.3
                        「実は僕、先生に…」。かつての同級生が明かした、34歳エリート男の信じられない過去
                        • FREE
                        2019.10.30 Vol.2
                        「地味で冴えなかった同級生が、社長に…?」オフィスの住所で勝ち負けを競う、男の焦り