ミーハー女 Vol.9

「この人でいいや」。クリスマス前に、妥協して恋人を作ろうとした女の後悔

日々、新しいショップやレストランがオープンし、アップデートを繰り返す街・東京。

東京で、そのすべてを楽しみつくそうとする女を、時として人は「ミーハー女」と呼ぶ。

ミーハー女で何が悪い?

そう開き直れる女こそ、東京という街を楽しめるのだ。

PR会社に勤務するミハル(27歳)も、最新のものをこよなく愛する「ミーハー女」である。

ただミハルの場合は、恋愛においてもミーハーであり、それが人生を少しだけハードモードにしていたのだ。

◆これまでのあらすじ

PR会社で働くミハル。仕事で一緒になった匠からのアドバイスを受けながら、自分の恋愛観についてあらためて考えるようになっていた。


残業を終え、いつもより少し早めに会社を出たミハルは、知らぬ間に会社の入り口付近にイルミネーションが取り付けられていることに気がついた。

イルミネーションというのは、彼氏がいる時はとても綺麗に見えるのに、独り身だと目を背けたい気持ちになる。

イルミネーションの前で、仲睦まし......


【ミーハー女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo