Love Letters Vol.3

“幸せな夫婦”だと信じていたのは、夫だけ。ある日突然、妻が消えた理由とは

あなたは、誰かにラブレターを送ったことがありますか?

文字に想いをしたためて、愛する人に贈る言葉。

手紙、メールやLINE…方法はいろいろあるけれども、誰かを愛おしいと思う気持はいつだって変わらない。

側にいる大好きな人、想いを伝え損ねてしまったあの人に向けて…。

これは、読むと恋がしたくなる切なくて甘い「ラブレター」にまつわる男女のオムニバスストーリー。

今週の主人公は、前回の主人公田中悠人の別れた妻・遥。あのラブレターの背景にあった妻の切ない思いとは…。


「検査の結果、余命宣告をせざるを得ません。長くて…1年というところでしょう」

医師は、本当に、残念です、と付け加えたけれど、なんというか、とても現実味がなく聞こえた。

私の名前は、田中遥。ちなみに、34歳になったばかりだ。

「よ、めい…というのは、私の?私が、あとどれくらいの時間生きていられるか、という話でしょうか?」

思わず聞き返した私に、医師は頷き、もう一度、残念ですが、と言い、詳しい病状の説明を始めた。

悪性の脳腫瘍。しかも、腫瘍が深い部分にあり、重要な神経を巻き込んで大きくなっている。

無理をして手術をしたとしても、全部は取り除けない上に、余命はあまり変わらず、5年生きられる可能性は、5%以下。さらに手術中に予想外の自体が起これば、何らかの障害が体に出る可能性が高く、最悪、それが死に直結する危険もあるという。

つまり、手術は勧めない、というのが、医師の判断ということなのだろう。

脳腫瘍というものは、体に症状が現れた時には、すでに腫瘍がある程度の大きさになっていることが多いらしい。

”発見が遅かった”と、とても悔しそうに、顔を歪める医師の顔を見ながら、“ああ、この先生は、きっと、とてもいい人なんだなあ”、と思った。

とんでもないことを言われているという自覚はあった。あるのに、他人事のようにも思える、という不思議な感覚のまま、黙っていた私に、医師は、脳のスキャンらしき画像を眺めながら言った。

「自覚症状は、頭痛、吐き気、めまい、手足の異変、でしたね。視界にもやのようなものがかかったり、物がダブって見えたりはありませんでしたか?」

そう言われてみれば、頭痛やめまいが起こった時に、視界が陰ったり、斑点が出ているような気がしたことがあった。

でも、それらは、10代の頃から悩まされてきた、酷い貧血の症状なのだろう、くらいにしか思っていなかった。病院にきたのは、右の手足が、時々痺れるような気がしたからだ。

「はっきりいって、状況は悪いです。でも、余命宣告といっても、あくまでも目安で、1年と思っていた人が、5年生き抜いた、という例もありますから…田中さん?なんで笑ってるんですか?」

怪訝そうな顔をした医師に指摘され、私は慌てて謝った。

「治ります、とは言わない先生が、正直で素敵だな、と思っていただけなんです。つまり、1年であろうが、5年であろうが、私の命に制限がついた、ってことは変わらないんですね。私の人生は…もうすぐ、終わるということですよね?」

医師は、私の視線から逃げることなく、小さく頷き、今の医学では、そう言わざるを得ません、でも、できるだけの処置を考えていきます、と言って、私が、これから選ぶことができる、という治療法の説明をはじめた。

【Love Letters】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo