未来Diary Vol.4

“恋人未満”の男との子供を、身籠った…。結婚願望のない男を愛したアラフォー女の末路とは

30歳という年齢の節目で、大概の女は、「いま目の前にある選択肢で、人生を決めていいのだろうか?」と悩む。

例えば、『AorB』という2つの選択肢があってその決断に悩んだとき、人は何で決めるのだろうか。

外資系化粧品会社に勤める優愛(ゆあ)も、ある人生の2つの選択肢に悩んでいた。東京で人生に悩む女の、4話完結のショート・ストーリー。

◆これまでのあらすじ

29歳の時、主人公の優愛は人生の異なる選択肢が書かれている『未来日記』を作成。

『A』を選んだ優愛は結婚して家庭中心の生活を、『B』を選んだ芙美子は仕事に邁進する人生を歩む。

5年後、2人は再会。離婚して疲弊していた優愛に、芙美子は「今度は“本当の”未来日記をもう一度書こう」と提案

その後の未来日記が実現されているか、2人は再会の約束をするが、優愛は妊娠し、体調不良のために約束の場所に行けない。優愛の激動の人生、そして子供の父親とは…?


『一度欲しいと思ったものを…私は諦めきれないのかもしれません』

あまりにも自分の気持ちを、赤裸々に綴り過ぎただろうか。優愛は一息つき、ボールペンを置く。

でも…これから、芙美子と会えるかも、分からない。

平日14時過ぎ、優愛は二子玉川にある病院にいた。

切迫流......


【未来Diary】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo