未来Diary Vol.2

未来Diary~芙美子ver.~:39歳、仕事に邁進して男ナシの人生を選択した女の本音

―30歳-

その年齢の節目で、大概の女は、いったん立ち止まってこう考える。

私は、いま目の前にある選択肢で、人生を決めていいのだろうか?

例えば、『AorB』という2つの選択肢があってその決断に悩んだとき、人は何で決めるのだろうか。

東京にいると、無数の選択肢があるようでそうじゃないのかもしれない。そう焦り始める女の、4話完結のショート・ストーリー。

◆これまでのあらすじ

外資系化粧品会社に勤める優愛(29)も、ある人生の2つの選択肢に悩んでいた。

優愛は、『AorB』の2枚のカードのうち『A』を選択。結婚して、家庭中心の生活を送る決断をした

一方、“悩みなんてなさそう”な芙美子のその後の人生はというと…?


「だからさぁ……。何度も言ってるじゃん、そんなダメ男もう別れなよ?」

けやき坂にある『ブリコラージュ ブレッド&カンパニー』で食事をしていると、隣に座っている若い女性2人の会話が聞こえてきた。

秋の気配が感じられるこの季節、ここのオープンテラスでブランチをとるのが、芙美子にとっては至福の時間であった。

「マリコを幸せにしてくれる男の人は、他にいると思うよ?」

聞いていることを悟られまい、と思いながらも、20代半ばと思われる2人の女性の真剣な会話に、芙美子はついつい耳を傾けてしまう。

ダメ男に振り回されているらしいマリコ、という女は、友人のアドバイスに神妙な面持ちで頷いている。

―私も20代だったら、マリコにあんな踏み込んだアドバイスしていたのかなぁ…。

ここの名物である黒ゴマの自家製バンズで作られた小ぶりのハンバーガーを食べながら、ぼんやりと考える。

―そういえばあの時、私は優愛ちゃんの決断に、ただ頷くだけだった。

5年前、可愛がっていた部下である優愛が会社を辞めると告げてきたとき。芙美子は「あなたの下した決断だから」とすんなり受け入れたように見せた。

他人に必要以上に踏み込まない芙美子は、周囲から「大人だ」と言われることも多いが、それは結局、余計なことを言って嫌われたくないからだ。

でも、もっと人とぶつかり合って、本音で話していたら―?そしたらこの年まで独り身ではなかったかもしれない。そんなことを時たま考える。

現にいくら親しくなった男がいても、「何を考えているかわからない」「俺に興味がないんだろ」と言って、芙美子の元から去っていくのだ。

昨年母を亡くして以来、ローンを組んで買った白金にある1LDKのマンションと1匹の犬が、唯一の家族のようなものである。

芙美子は、来週で40歳を迎える。体調を崩したのをきっかけに、15年勤めた外資系化粧品会社を辞めたのは、つい先週のこと。

5年前のあの日に優愛が帰ったあと、ふと目についたのは、コースターにしてはあまりに簡素な白いカードだった。そしてそのカードには、もうほとんど滲んで読めない「B」という文字と、人生の“未来予想図”が箇条書きで書かれていた。

芙美子は気になって、そのカードを思わず鞄に入れたのだった。


今日は、優愛と5年ぶりに会う約束をしていた。急用で約束に1時間ほど遅れてしまう、という彼女はそろそろ到着するはずだった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
関係ないけど前回からもう1週間経っていることに愕然とした…
2019/09/20 05:1099+返信2件
No Name
こういう、テンポが良くて展開早いおはなし面白い!次ぎどうなっているか 楽しみ。
2019/09/20 05:5176
No Name
ぼーっと読んでいたから一気に5年後になってて驚いた!
2019/09/20 05:3359返信1件
No Name
週に二回連載があるのも面白いですね
2019/09/20 06:0427返信1件
No Name
次の五年後には二人とも幸せになってましたって展開なら良いのにね
2019/09/20 06:1827
もっと見る ( 32 件 )

【未来Diary】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo