立場逆転 Vol.8

夫の職場近くで他の男と密会する人妻。浮かれる女の、身勝手な言い分

やりがいのある仕事でキャリアを重ね、華やかな独身ライフを満喫する女。

早々に結婚し専業主婦となったものの、ひたすら子どもの世話に追われている女。

女として本当に幸せなのは、どっちだと思う−?

独身キャリア・工藤千明と、専業主婦・沢田美緒。対照的な選択をした二人が、同窓会で再会

洗練された美女へと変貌した千明は複数の男性から言い寄られているが、最も気になる男・宇野から「結婚する気はない」と宣言される

一方、かつて学校一のモテ女だった美緒は、商社マンの夫との間に一人息子を設け幸せに暮らしていた。しかしその風貌にかつての輝きはなく、夫もつれない

千明に妙な対抗心を抱く美緒は、同窓会で再会した立場逆転男・村尾からデートに誘われ浮かれる。しかし実は、村尾は“人妻狙い”を公言している遊び人だった。


美緒:「せっかくのいい気分に、水を差さないで」


「美緒って、いつもこんなところでランチしてるの?さすがセレブね!」

グランドハイアット東京の『フィオレンティーナ』

目の前の席では、高校時代の同級生・由美が「芸能人いそう」などと言って落ち着きなくキョロキョロと頭を動かしている。

由美に会うのは、同窓会以来だ。

東京の女子大に進学した私とは違い、由美は一度も地元を離れることなく金沢にいる。

老舗酒蔵の跡取りである彼女の夫が今日から3日間展示会に出展するとかで一緒に上京してきたらしく、ランチしようと誘われたのだ。

「…舞ちゃんは実家?」

「セレブ」などと見当違いなことを言う由美の言葉を無視して、私は彼女の娘の話題をふった。

由美と私は、結婚も出産も同じタイミングで経験している。高校時代は千明とべったりだった私だが、主婦になってからは、東京と金沢で離れてはいても、SNSやLINEで由美と連絡を取ることの方が多くなった。

「そう。おばあちゃんっ子だから3日間くらい全然平気なの」

由美は私の質問を軽く受け流すと、「そうだ」と思い出したように身を乗り出した。

「ねえ、それより連絡きたでしょ?…村尾くんから」

【立場逆転】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo