旨くて辛くて止まらない!見た目が美しく食べても美味しい最強の担々麺10選

希須林 担々麺 (980円)

練り胡麻凝縮のクリーミーな逸品 『希須林 赤坂』

ほのかに香る干海老とたっぷりのもやし、適度に馴染むクリーミーなスープ……。

青山にある人気中国家庭料理の赤坂店は、行列の絶えない担々麺専門店。

味の要は豚肉と鶏肉を使った肉味噌、豚骨&鶏ガラのWスープ、たっぷりの練り胡麻。

1から5段階まで調節できる辛さは炒めた玉葱と一味で作る特製の醤(ジャン)の量で調節。

辛さのレベルは3辛で普通。辛党なら4辛以上がおすすめ。白飯とも好相性だ。

「汁なし担々麺」(1,000円)

『栄児家庭料理 本郷店』の「汁なし担々麺」

『栄児』の丸藤ママは四川の生まれ。本場の家庭料理を日本に紹介するべく、板橋に店を開いた。

本郷は2店舗目。担々麺は汁あり、汁なしがあるが、断然、汁なし。底のほうから混ぜて混ぜて、全体的に味が渗み込んだところですする。

じゃなかった、すすっちゃいけません。必ずむせます。すすらず、そろそろと送り込む。これが、しっかりと辛い。辛いが、スカッと清冽な食後感に変わって心地よい。

麺の下に山椒やひき肉が潜んでおり、豪快に混ぜて味わうのが正解。

本場・四川省の味わいをそのままに花椒が利いたしびれる辛さが強烈。だがしかし、食べ終わった後の爽快感がクセになる!

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo