家族ぐるみ Vol.11

「私だけが仲間外れにされていた...」事実を知った妻が、愛する人のために考えた意外な計画

海野美希(36)は、夫の海野誠(38)の提案で、誠の学生時代の友人2家族と家族ぐるみの付き合いを開始

山本家と日向家を誘いBBQをすることになるが、山本家の不愉快な態度に「今後のお付き合いは控えたい」と感じる

ところがさらに3家族揃ってキャンプに出かけることに。

キャンプでの雰囲気は思いの外和やかなものだったが、一転、山本家の娘・蘭ちゃんの怪我というトラブルで、ついに美希は誠に「家族ぐるみの付き合いをもうやめたい」と明かす

誠から「もう皆とは会わなくていい」と告げられるが、蘭ちゃんの母・山本律子から呼び出されて和解した美希は、誠にこれからも付き合いをつづけたいと伝える

しかし翌月家族で遊びに行った先で、両家族が海野家抜きで遊んでいる場に遭遇してしまう。さらには誠に、美希のために付き合いを辞退した事実を聞かされるのだった


黄金色の夕日が、さざめく海面に反射し幾千万の宝石のように煌めく。

その波打ち際では、ハーフパンツをたくし上げた真奈と誠が、飛沫をあげながら水遊びをしてはしゃぎ声を上げている。

点灯したばかりのレインボーブリッジを背景にしたマジックアワーのお台場海浜公園は、映画のワンシーンのような美しさだ。

だが、そんな心温まる光景とは裏腹に、美希の気持ちは暗く沈んでいた。

「美希、お前一体、何がしたいんだよ…」

先ほど『エッグスンシングス』で誠に言われた言葉が、美希の頭の中をリフレインする。

そう聞かれた時、美希は咄嗟に何も言い返すことができなかった。

愛する夫が喜ぶから。

友人と過ごす誠の、底抜けに楽しそうな笑顔を見ていたいから。

そんな一心で奮闘してきたはずの”家族ぐるみの関係”だったのに…

まさか自分が無理をすることこそが、誠自身を傷つけてしまうことになるなんて、考えてもみなかったのだ。

答えに詰まってしまった美希を見て、誠は頭を抱えながら大きなため息をついた。

「…もういいよ」

【家族ぐるみ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo