200億の女 Vol.6

「こんな女性は初めてだ…」。女を手玉に取り続けてきた男を驚かせた、お嬢様の魅力

騙されたのは女か、それとも男か?
「恋」に落ちたのか、それとも「罠」にはまったのか?

資産200億の“恋を知らない資産家の令嬢”と、それまでに10億を奪いながらも“一度も訴えられたことがない、詐欺師の男”。

そんな二人が出会い、動き出した運命の歯車。

200億を賭けて、男と女の欲望がむき出しになるマネーゲームはやがて、日本有数の大企業を揺るがす、大スキャンダルへと発展していく。

男が最初の駒に選んだのは、令嬢の部下だった。そしてその男の計画通り…令嬢はジワジワと追い詰められているように見えたが…


ドクン、ドクン、ドクン。

耳に直接流れ込んでくる、男の心臓の音。それは一切乱れず、穏やかで規則正しい。

そのことに気がついた時、私は我に返り自分でも驚くほど大きな声を出してしまった。

「離してください」

その勢いのまま小川親太郎の胸を押し返すと、あっさりと解き......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
なんかもう、令嬢にそこまで圧倒されたなら、もういいじゃん。って思ってしまう。次は夫を揺さぶってみよう、とか、うざい(笑)
2019/07/28 05:2499+返信12件
No Name
親太郎、わりとしよーもない男。
そんでもってこの連載もちょっと薄っぺらくなってきてるぞー。まあ、令嬢が騙されるところも見たくないから全然いんだけど。頑張れ!令嬢!!
2019/07/28 05:5799+返信3件
No Name
それでもまだ自分優位な思考に相当の自信が伺えますが、令嬢に見切りをつけて次に行こうと考えないあたり、詐欺師のほうがこだわっているように感じます。
2019/07/28 05:5278返信2件
No Name
話に入り込んでるうちに考えなくなってたけど‥。帝王学を叩き込まれ、愛する夫と娘がいるような女が、その辺のチンコロにほだされるわけないよね。ましてや部下の恋人。
この男、せめて独身の女、ねらえばいいのに。

気づけば、読者の私自身も、幽霊の話を信じるような盲目感だわ〜。
2019/07/28 06:4553返信8件
No Name
おもしろいなぁ
来週も楽しみです
2019/07/28 05:1526返信1件
もっと見る ( 46 件 )

【200億の女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo