婚約破棄 Vol.1

婚約破棄:「4ヶ月の間に、彼に何が…?」突然行方をくらました男が、女に送ったメッセージ

女にとって、人生で最も幸せなときと言っても過言ではない、“プロポーズから結婚まで”の日々。

そんな最高潮のときに婚約者から「別れ」を切り出された女がいる。

―この婚約は、なかったことにしたい。全部白紙に戻そう。

澤村麻友、29歳。

夫婦の離婚とも、恋人同士の別れとも違う、「婚約解消」という悲劇。

書類の手続きもない関係なのに、家族を巻き込み、仕事を失い、その代償はあまりにも大きかった。

ーさっさと忘れて先に進む?それとも、とことん相手を懲らしめる?

絶望のどん底で、果たして麻友はどちらの選択をするのか?


「結婚しよう」

29歳の誕生日の夢のような一日を、麻友は生涯忘れないだろう。

サプライズの舞台は、アンダーズ東京のスイートルーム。

部屋中、麻友が好きなピンクのバラで埋め尽くされ、窓の向こうにはまばゆい夜景が輝いている。

そして、目の前に差し出されたダイヤモンドの指輪が、ひときわ美しくきらめいていた。

待ちに待った言葉を最愛の人に告げられたとき、麻友は涙をこらえることはできなかった。

イエスの返事をすることも忘れ、泣きじゃくる麻友の肩を良輔は抱き寄せた。

「私、今、一生で一番幸せ」

良輔は指で麻友の涙を拭うと、頬を寄せた。

「その言葉は、もっと先に取っておいてくれよ。結婚式は思い切り豪華にやろう。それにいつか、子供だって生まれる。2人…3人がいいかな。まずは麻友に似た女の子が…」

「良輔、気が早い」

「ああ。そうだな。ごめんごめん。俺も、今日が本当に楽しみで…」

2人は泣き笑いの顔で見つめ合う。

「良輔、ずっと大切にしてね」

「もちろんだよ。麻友、愛してる」

部屋に漂うバラの香りに身を委ね、幸せを噛みしめる…。


麻友はふいに目を覚まし、時計を見た。

成田到着までまだあと6時間もある。

「また、あの日の夢…」

麻友はまだぼんやりとした頭で、夢の余韻に浸っていた。

寝る前に、機内での乾燥をふせぐためのマスクに、ローズのアロマオイルを1滴落としていた。

バラの香りに包まれると、プロポーズの日の夢を見る。それは麻友にとって“幸せのジンクス”だ。

夢の続きを見ようと、再び麻友は目を閉じた。

もうすぐ、4ヶ月ぶりに良輔に会える。

【婚約破棄】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo