港区モード Vol.8

One day:年上女を満足させる自信を失った、29歳の男。彼が再び歩き出せた理由

港区には、モードな男たちが多数出没する。

スタイリッシュで、品があり、上質なファッションを纏う『港区モード』な男たち。彼らが街を歩けば、そこにドラマが生まれる。

この連載では、『港区モード』な男を目撃した人々に起こる、小さなドラマを紹介しよう。

前シリーズでは、「最後の男」を探し求める二人の女の物語を紹介した。

今シリーズ『One day』で前回登場したのは、 30代の人生に悩み苦しむITコンサル勤務 前田聡(32歳)

港区で過ごすOne day。そこに現れるのはいつも…?


大手消費財メーカー勤務 中谷勇気(29歳)の場合


初めて君と出会った日のことを、思い出していた
6年前のあの日のことを

女神かと思った

僕より5歳年上の、美しくて凛としていて、とびきりの笑顔で僕を包んでくれた君のことを

君を手に入れたとき、これは夢じゃないかって思った
君を一生幸せにするって、誓った

だけど6年という月日が、夢から現実へと僕らを連れ戻し
すべては変わってしまった

今はただ、君といるのが苦しい

“あなたが今のまま側にいてくれたら、他にはなにもいらない”

君はそう言うけれど、それは嘘で、綺麗ごとだ

仕事で行き詰まって、転職もうまくいかなくて頭打ちで
なんの取り柄もない僕が、君を幸せにできるわけがない

君の周りにいるのは、輝かしい成功を手にした大人の男たちばかりだ

僕はどうやったって、そんな世界にたどり着くことができないだろう



僕はあてもなく六本木の街をさまよう
すれちがうのは上質なスーツに身を包み、高級な革靴を履いて歩く男たち

途端に自分の足元のスニーカーが惨めに見えた
君が大好きだと言ってくれた靴だけれど、今すぐ脱ぎ捨ててしまいたい

そうしているうちに歩き疲れて、『SEL OCTAGON TOKYO』の前を通りかかった

クラブで酒でも飲んで好きなだけ踊ろう

自暴自棄になって入ったその店で
僕は、ある男を見かけたんだ

【港区モード】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo