ロマンスが恋しくて Vol.2

「子ども、産みたい…?」誕生日に絶望感を抱いた独身の女が、“女の本能”で感じた欲求とは

いつの頃からか、「婚活してるの?」とすら聞かれなくなった。

幸せになりたいと願う気持ちは、何歳になっても変わらないのにー。

35歳を過ぎてから「独身」がコンプレックスとなっていく女。婚活歴15年の山崎真理子も、まさにそういう女だった。

顔は悪くない、性格は難なし、仕事は順調。結婚願望は今もある。

—40歳になったって、恋愛も結婚も仕事も、諦めたくない。

これは、年齢を重ねるにつれて“幸せになること”を諦めかけていた女が奮起し、幸せ探しを再スタートする物語である。

大手飲料メーカーでPRの仕事をする真理子は、後輩の「さすがに本気で婚活も出会いも求めてないだろうし」という心ない一言で撃沈し、それをバネに“絶対に幸せを見つける”という決意をする。

ちょうど食事会で出会ったイケメン・早川から誘われ、運命を感じて承諾のLINEを返したのだった。


誕生日が、いつからこんなにも焦燥感に駆りたてられる日になってしまったのだろう。

誕生日前日、そんな言いようのない不安を紛らわすように、真理子は女友達の恵子とザ・リッツ・カールトン東京の『アジュールフォーティーファイブ』で食事をしていた。

明日、7月7日でついに真理子は41......


【ロマンスが恋しくて】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo