東京デュアルライフ〜2拠点目を選ぶ大人の事情〜 Vol.3

東京とNYで、欲しいものは何でも手に入れてきた。戦略的に結婚した女の光と影

東京には、様々なライフスタイルを持つ者がいる。

中でも、最近特に注目されているのが「デュアルライフ(2拠点生活)」だ。

ビジネスや子供の教育のために、このスタイルを選ぶ人も多い。

通信機器の発達により、東京と地方、東京と海外などでデュアルライフのための環境が整ってきたことも大きく影響しているのだろう。

では、その実際の暮らしぶりとは、どのようなものだろうか?

この連載では、都心に住む限られたアッパー層のデュアルライフに至った事情と、その実態を覗いてみる。前回は45歳で港区を卒業し「沖縄おじさん」となった男一緒に週末を過ごすのは月1回だけという夫婦の実態を紹介した。今回のデュアラーは…?


#File03 ニューヨークと東京で成功を手に入れた女


名前:嶋田百合 40歳(仮名)
住まい:ニューヨーク(年の3/4)、実家のある白金台(年の1/4)
職業:ファッションコンサルタント・女性起業家
家族:アメリカ人の夫と娘2人(5歳と7歳)


百合が日本に来たら必ず立ち寄るというお気に入りの場所『ザ・ラウンジby アマン』で待っていると、彼女は自信に満ち溢れたオーラをまとって現れた。

目鼻立ちがはっきりとしていて、赤のワンピースが肌の白さを引き立てている。彼女にぴったりの色だ。洗練された装いを褒めると、彼女は笑顔でこう言った。

「仕事で人と会うときは、赤色の服を着ることが多いですね。この色は自分の魅力を引き立てる色でもあり、いつも同じ色だと自分を覚えてもらいやすくなるから、ビジネス戦略の一つです」

たしかに、あの大統領のネクタイの色やあの女性政治家のスーツの色、あれも戦略の一つなのだと思い出す。

彼女の仕事は、服や色がその人に似合うか似合わないかをコンサルするだけではなく、その人そのものを戦略的にブランディングする仕事だ。

米国では、男性のエグゼクティブでもブランディングのために、自分専用のファッションコンサルタントがいるそうだ。エグゼクティブにとって、見た目に気を使うことは、重要な仕事の一つなのである。

百合は、国際結婚、キャリア、NYとのデュアルライフなど、女としての成功と幸せを全て手にしているように見えるが、どのようにして手に入れてきたのだろうか。

【東京デュアルライフ〜2拠点目を選ぶ大人の事情〜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo