サヨナラH Vol.5

「子供は欲しいけど、結婚はできない…」7年付き合った男が放った衝撃の言葉に、絶望した30歳の女

「M T S H  年  月  日」

書類などで、生年月日を記入する欄に書かれている「M T S H」の文字。そしてもうすぐここに、「R」の新しい文字が加わるのだ。

「H」という、31年と少し続いた時代が終わろうとしている今、東京カレンダーでは「H」を象徴するようなエピソードを振り返ります。

あの日あの時、あなたは何をしていましたか?

今回は、42歳の誕生日を独りで迎える千花が主人公。ITベンチャーの最前線で活躍する女を変えてしまった、過去の恋愛とは?


「春爛漫の花咲く季節に生まれたから、千花って名付けたのよ。お花のようにきれいで優しくて、皆に愛される女性になりますようにって」

毎年春になると、母に手を引かれて歩いた散歩道を思い出す。千花は自然と、花が大好きな少女に育った。

…でも“皆に愛される女性”は、期待が大きすぎたんじゃない?

ふいに、一人で少し笑ってしまった。明日42歳の誕生日を迎える。

誕生日前夜、仕事を終え自宅マンションに着くと、時刻はもう23時を過ぎていた。千花がプロジェクトリーダーを務める新しい女性向けアプリの公開日が一週間後に迫っている。長くITベンチャーで働いているので、遅い帰宅は日常茶飯事だ。

ただ、年齢が年齢である。疲れは翌日に持ち越すし、睡眠不足はそのまま肌艶や顔色に出る。お酒も翌日に残りやすくなっているが、気づいたらキッチンへ向かっていた。

スプリングコートもバッグも無造作にソファーに投げ出し、冷蔵庫から取り出したコロナビールの栓を抜く。キンキンに冷えたビールを一口飲みソファーに腰を下ろすと、ようやく仕事から戻った開放感に浸ることができた。

それにしても、せめてカットライムでも絞れば雰囲気の一つも出るが、自分のためだけにその一手間をかける気力は湧かなかった。

放り出した上着。脱いだままのストッキング。直飲みのビール瓶。気休めに手に取ったサプリメントのボトル。これが、あと少しで誕生日を迎える千花の瞳に映る全てだ。

42年前、両親が名前に込めた願いを、叶えることができなかった。

誰にも愛されずに迎える誕生日…。こんな日が来るなんて、全く想像していなかったのである。

【サヨナラH】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo