最後の恋 Vol.10

「俺…離婚した」真夜中の報告に心揺れる人妻。淋しさから近づく男女が、最後の恋に堕ちた夜

人はいつだって、恋できる。だが振り返ったときにふと思うのだ。

あのときの身を焦がすような激しい感情を味わうことは、きっともうない。あれが「最後の恋」だったのだ、と。

それは人生最高の恋だったかもしれないし、思い出したくもない最低な恋だったかもしれない。

あなたは「最後の恋」を、すでに経験しているだろうか…?

この連載では、東京に住む男女の「最後の恋」を、東京カレンダーで小説を描くライター陣が1話読み切りでお送りする―。

今週の主人公は、35歳・結婚10年目の菜々子。

菜々子は、瑞子と同じスポーツジムに通っており、彼女がプレイボーイ・新田と並んでジムを出て行く姿を、少し離れた場所から眺めていた。


菜々子:「私は絶対に、浮気なんてしない」


「どこに連れて行こうかな」

周囲の視線も気にせず浮かれた様子の新田。そしてその隣で身を隠すようにして歩く瑞子さんを、私は好奇の眼差しで追いかけた。

まさか、瑞子さんが新田の誘いに乗るなんて。

高校教師をしているという瑞子さんは、品行方正を絵に描いたような女性だ。服装......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
久々に感じるドキドキする思い
夫や妻には言えないのには変わりないが
寝たか、寝ないか、だけの差で
キレイな切ない思い出か、汚れた浮気・不倫になるか
大きさ違いになる
2019/03/11 05:5499+返信15件
No Name
とても共感できる話。
プラトニックな関係の恋愛ほど、思い出として美化されてるのはわかってても大切なものになってる。

きっと付き合ってたらダメになってたんだろうって。
2019/03/11 06:1899+
No Name
切ないのう
2019/03/11 05:1399+返信2件
No Name
私も好きだったよ、って言いたかっただろうなぁ。それにしても『飲み過ぎちゃった?』って言葉、なんて素敵な助け船。
2019/03/11 07:3799+返信8件
No Name
亮平、寂しいのは分かるけど・・・
夜遅く人妻に電話したらいかんでしょ。
と私は思う。
2019/03/11 06:1398返信1件
もっと見る ( 82 件 )

【最後の恋】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo