オトナの恋愛塾~宿題編~ Vol.44

28歳、付き合って2年。「好きだけど結婚はできない」と男から言われてしまう、女の決定的なNG行動

私たちはこれまでに散々、LINEデートのHow toを学んできた。

しかし、やっとの思いでLINEやデートに漕ぎ着けても、失敗の可能性は常につきまとうのだ。

あんなに盛り上がったはずなのに、突然の既読スルーに予期せぬ別れ。 恋人同士になれたかと思ったのに、いつまでたっても一進後退を繰り返す関係性。そんな経験、無いだろうか?

男女の関係を次に繋げる方法を学ぶため、あなたに宿題を出していこう。

さて、今週の宿題は?


涼と付き合い始め、もうすぐ2年になる。そして今日は、私の28歳の誕生日だ。

涼は、とっておきの星付き有名レストランを予約してくれたらしい。 友達からも、“誕生日にプロポーズじゃない!?”と言われており、期待は膨らむ一方である。

涼は今年で32歳。“そろそろ結婚しないといけない”と周囲に漏らしているらしいし、一緒には暮らしていないもののお互い良い年齢だ。

—大きな薔薇と共に、デザートの時に指輪が一緒に運ばれてくるとか?それともひざまずいて、他のお客さん達も巻き込んで公開プロポーズ!?

記念写真を撮ることも想定し、お気に入りの黒レースのワンピで挑んだこの食事。終始、私はソワソワしていた。

そして遂にやって来た、デザートタイム。私は素知らぬ顔で、ロウソク付きのデザートプレートを見て大袈裟に驚くフリをする。

「理央、お誕生日おめでとう」

目の前で、涼はにっこり微笑んでいる。

私は目を凝らし、“Happy Birthday Rio! ”と書かれたプレートの中に、光り輝く指輪らしき物がないか必死で探すが、そんなものどこにも見つからない。“ありがとう”と言いながらも、心は複雑だった。

「あれ?どうしたの?浮かない顔して」

「いや、とっても嬉しいんだけど・・・もしかしたら、今夜プロポーズとかあるかなぁと思ってたんだよね」

さっきまで、今夜は人生で一番幸せな瞬間を迎えられると思っていた。だが、この次の瞬間、私は人生のどん底へと突き落とされるのだ。

「そのことなんだけど・・・理央のことは大好きだけど、結婚は考えられないんだよ」

【オトナの恋愛塾~宿題編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo