オトナの恋愛塾~宿題編~ Vol.43

「この女、遊び相手で十分…」。可愛くてスタイルも良い美女が、男から幻滅された理由とは

私たちはこれまでに散々、LINEデートのHow toを学んできた。

しかし、やっとの思いでLINEやデートに漕ぎ着けても、失敗の可能性は常につきまとうのだ。

あんなに盛り上がったはずなのに、突然の既読スルーに予期せぬ別れ。 恋人同士になれたかと思ったのに、いつまでたっても一進後退を繰り返す関係性。そんな経験、無いだろうか?

男女の関係を次に繋げる方法を学ぶため、あなたに宿題を出していこう。

さて、今週の宿題は?


直樹と出会ったのは、知り合いの出版パーティーだった。スッとした綺麗な鼻筋が印象的で、私は思わず彼の顔を凝視してしまったほどだ。

「モデルの方ですか?」

そう直樹から話しかけられ、くすぐったい気持ちになる。だが学生時代はミスコンにも選出された私は、我ながらかなり目立つ方だと思う。

「まさか。今日は仕事関係で来ただけです。あ、中崎友理と申します」
「あ〜このIT会社にお勤めなんですね。どうりでこんな華やかなんですね。僕は・・・」

そうして名刺交換をしたのがキッカケだったが、直樹から貰った名刺には大手出版社の名前が書いてあった。

「じゃあ今回の出版は、直樹さんが担当されたんですか?」

パーティー会場で提供されていたワインを飲みながら、二人で談笑する。

初対面だが、何だかドキドキする。しかし話し始めてすぐに、直樹は誰かから呼ばれてしまったようだ。

「やばい、クライアントさんに呼ばれちゃった。あの、こんなこと滅多に言わないのですが・・・また今度、良ければお食事でもいきませんか?」
「もちろん。是非行きましょう!」

こうして私たちは二人で食事へ行き、デートを重ねた。

人からはいつも、可愛くてスタイルも良いと言われるうえに、有名企業勤めだ。自分で言うのもなんだけど、ある程度のブランド価値はあると思うし、男の自尊心を満たす自信はある。彼女か嫁にするなら、なかなか良いと思う。

だがとても楽しいデートをしたはずなのに、直樹は離れていってしまったのだ。

【オトナの恋愛塾~宿題編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo