私のモラハラ夫 Vol.7

こんなに酷いことをされてもなお、「夫に愛されている」と信じる女。妻が“小さな嘘”をつき続ける理由

可憐な妻と優しい旦那。

わたしたちは、誰もが羨む理想の夫婦だったはずなのに。

若くして結婚し、夫の寵愛を一身に受ける真美・27歳。

鉄壁で守られた平穏で幸せな生活が、あることをきっかけに静かに狂っていく。

そしてやがて、気付くのだ。この男が、モラハラ夫だということに。


優しく穏やかなはずの夫・陽介が、ある夜から少しずつ変わっていく。

夫に内緒で婦人科に行った帰りに、懐かしい友人・颯太に会った真美は、思わずその場で泣き出してしまい…


「少しは落ち着いた?ほら、これ飲んで。」

留衣からマグカップを受け取ると、真美は息を整え、熱い紅茶を口にした。涙と湯気の向こう側に、心配そうな留衣と颯太の姿が見える。

「…何かあった?」

マグカップの中身をじっと見つめ、なかなか口を開かない真美に、聞き辛そうに颯太が......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
瑠衣はホント良い子だな。こういうお友達は大切にしたい
2019/01/17 05:1399+返信2件
No Name
瑠衣と颯太の優しさは、泣けるね。
2019/01/17 05:1999+
No Name
マミにイライラしていたけれど、来週から反撃が始まるのかな。
スカッとした結末をお願いします!
2019/01/17 05:1099+返信3件
No Name
真美の必死の訴えに、「あーあ、白けるなぁ」って。これが全てだと思う。この旦那は真美を愛してるんじゃなくて、真美を守ってる自分に酔ってるだけ。
2019/01/17 07:0199+返信13件
No Name
陽介は、俳優だね。仕事は出来るだろうなー
2019/01/17 05:1751返信14件
もっと見る ( 219 件 )

【私のモラハラ夫】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo