夫婦の秘め事 Vol.1

夫婦の秘め事:Facebookに届いた美女からの誘惑。浮かれる夫を踏み止まらせた、妻の手腕とは

−この人だけを一生愛し続ける−

そう心に誓った日は、もう遠い昔…。

結婚生活が長くなれば、誰にだって“浮つく瞬間”が訪れるもの。美男美女が行き交う東京で暮らすハイスペ男女なら尚更だ。

では、東京の夫/妻たちは一体どうやってその浮気心を解消し、家庭円満を維持しているのか。

これは、既婚男女のリアルを紡いだオムニバス・ストーリー。


第1話:妻子持ちの男・加藤誠一に届いた、美女からの誘惑


“もしかして…あの加藤誠一くん?”
“私、小学校で一緒だった木下百合。覚えてくれてるかな…”

深夜、妻と娘が寝静まった後のこと。

調べもののついでに久しぶりにFacebookを開いたら、見覚えのあるアカウント名からメッセージが届いていた。

“覚えてくれてるかな…”だなんて。

覚えていないわけがない。木下百合は、僕の初恋の女性なのだから。

千代田区内の区立小学校3年生のとき、僕のクラスに転校生がやってきた。

皆の前で物怖じすることもなく笑顔で挨拶する美少女に、おそらくクラスの男子全員がときめいたに違いない。

しかし絶対に、一番ドキドキしていたのは僕だ。

そう言い切れるのは、先生からの指示で、その転校生は僕の隣の席に座ることが決まっていたから。後にも先にもこの時ほど、学級委員をしていて良かったと思ったことはない。

「よろしくね」

至近距離にやってきた彼女が、ポニーテールの髪を揺らして微笑んだ。その瞬間のことを、僕は35歳になった今でも鮮明に思い出すことができた。

はやる気持ちを抑えながら彼女のタイムラインを覗いてみる。

まずは、レストランらしき場所でにっこりと笑うプロフィール写真を拡大。

お互い私立の中学に進んでからは一度も会っていないが、面影はしっかり残っていた。もともと美少女だったが、大人になり、より一層洗練された彼女の美貌は“高嶺の花”そのもの。

美少女からS級美女に変貌を遂げた神々しさに感動すら覚えながら、僕は思わずこう返信したのだった。

“覚えてるに決まってるよ。木下は俺の、初恋の人なんだからさ(笑)”

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
歯科医院のスタッフ内で、
「さっき院長夫人から探り入ったんだけど。」
「院長、浮気バレてるwww」
ってバカにされてそう。
2018/12/27 05:4499+返信23件
No Name
中年の既婚者がFacebookで浮かれてて、気持ち悪い
2018/12/27 05:2899+返信22件
No Name
木下百合の目的って何だろう。お金?何かの詐欺?気になるなあ。
2018/12/27 05:2699+返信12件
No Name
金目当ての何者でもない?🤣
2018/12/27 05:2752返信8件
No Name
全然秘められてない
2018/12/27 05:5442返信1件
もっと見る ( 149 件 )

【夫婦の秘め事】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo