速水もこみちの 「FOODTRIP IN TOKYO」 Vol.3

バンコク

バンコク

喧騒に満ちたアジアへ誘うスパイスの香り

柑橘系ハーブが爽やかなトムヤムクン

赤土のモーリン(土鍋)で提供されるトムヤムクン¥1,300(S)~¥2,500(L)は、訪れるタイ人も「現地の味!」と太鼓判。シェフは、本国の4ツ星ホテルで腕を振るった人物と聞いて納得。

今回速水氏が訪れたのは、どこかタイのカオサンストリートを思わせる六本木の裏路地。オープンは1983年、都内で2番目に古いタイ料理の老舗だ。食すのは、トムヤムクン。「スパイスの複雑な香り、酸味のあとにくるスッとした辛みが好きで、ランチによくチョイスするメニューです」と速水氏もお気に入りのこのメニューは、甘、酸、辛、鹹の4つの味を持ち合わせ、世界三大スープのひとつとしても知られるところ。

「トム」は煮る、「ヤム」は混ぜる、そして味の決め手はエビの意の「クン」。こちらでは有頭エビを使っているため、ミソが持つ旨み、殻から出る甘みが湯気とともに漂い、心惹かれること間違いなし。速水氏が元気がないときに食べたくなる理由は、この香りが否応なしに食欲をくすぐるからだろう。

●はやみもこみち
日本テレビ系『ZIP』内の料理コーナー『MOCO'S キッチン』でその料理の腕前は周知のところ。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【速水もこみちの 「FOODTRIP IN TOKYO」】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ