オトナの恋愛塾~宿題編~ Vol.33

イイ感じだったのに、笑顔でアッサリ解散(涙)女性を落とすまであと一歩及ばぬ、残念な男とは

私たちはこれまでに散々、LINEデートのHow toを学んできた。

しかし、やっとの思いでLINEやデートに漕ぎ着けても、失敗の可能性は常につきまとうのだ。

あんなに盛り上がったはずなのに、突然の既読スルーに予期せぬ別れ。 恋人同士になれたかと思ったのに、いつまでたっても一進後退を繰り返す関係性。そんな経験、無いだろうか?

男女の関係を次に繋げる方法を学ぶため、あなたに宿題を出していこう。

さて、今週の宿題は?


あと少しなのに、直前でスルリと僕の腕をすり抜けていった奈々。

2回目のデートで手を繋ぎ、確実に良いムードだった。そんな中迎えた、3回目のデート。

向こうもノリ気だったし、「今日こそは…」と、そう思っていた。しかし、彼女はそそくさと帰宅してしまったのだ。

良い感じだったのに、どうして彼女を落とせなかったのだろうか?



医学部時代の友達である和久と食事をしていた時に、「女の子呼んでもいい?」と聞かれ、急遽登場したのが奈々だった。

今まで紹介してもらえなかったことを恨むくらい、可愛くてノリも良く、最初から妙に気が合う。

「翔くんは、和久の学生時代からのお友達なの?初めて会ったね!」
「本当だよ。和久も、水臭いよなぁ〜こんな可愛い子、早く紹介してくれれば良かったのに!」

初対面なのに、昔からずっと知っていたような錯覚に陥るくらい、奈々とは波長も合うし笑いのツボも一緒だった。

「今度、奈々ちゃんをデートに誘ってもいいかな?」

一応和久に確認を取ってから、僕は奈々をデートに誘うことにした。返事はもちろん"OK"で、実際に二人で会ってみると、デート中は最高に盛り上がった。

それなのに、僕はあと一歩、届かなかったのだ。

【オトナの恋愛塾~宿題編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo