無業の女王 Vol.3

“二子玉川で1番みっともない女”に成り下がった日。それでも曲げられない、34歳・無職の主張

34歳、国立大卒の美しき才女、高木帆希(たかぎ・ほまれ)

父親は作家の傍らコメンテーターとしても人気の有名人で「家事手伝い」という名の「無業」で10年もの間、ぬくぬくと過ごしてきた帆希。

そんな働かずとも裕福に暮らしてきた彼女に、突如、降りかかった「父の死」。

再び「社会」と向き合わざるを得なくなった帆希は、5年の付き合いになる年下の彼氏・牧野涼輔の家に転がりこもうとする

だが、涼輔の裏切りによって帆希の人生プランは白紙に戻ってしまう…。

絶望に打ちひしがれるかと思いきや…帆希は「絶対に働かずに生きる」という希望を見つけ、次の一手を打つのだった…。


私は「お金」というものをどこか醜悪なものだと思っていた。

いや、きっと今でも…私は、心の奥底で思っている…。

『美しいものに囲まれて生きていくのよ、帆希』

母は、いつも穏やかで優しく、何より品格のある人で、「家」という城を支配する女王だった。

家の中は、母が集......


【無業の女王】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo