無業の女王 Vol.3

“二子玉川で1番みっともない女”に成り下がった日。それでも曲げられない、34歳・無職の主張

34歳、国立大卒の美しき才女、高木帆希(たかぎ・ほまれ)

父親は作家の傍らコメンテーターとしても人気の有名人で「家事手伝い」という名の「無業」で10年もの間、ぬくぬくと過ごしてきた帆希。

そんな働かずとも裕福に暮らしてきた彼女に、突如、降りかかった「父の死」。

再び「社会」と向き合わざるを得なくなった帆希は、5年の付き合いになる年下の彼氏・牧野涼輔の家に転がりこもうとする

だが、涼輔の裏切りによって帆希の人生プランは白紙に戻ってしまう…。

絶望に打ちひしがれるかと思いきや…帆希は「絶対に働かずに生きる」という希望を見つけ、次の一手を打つのだった…。


私は「お金」というものをどこか醜悪なものだと思っていた。

いや、きっと今でも…私は、心の奥底で思っている…。

『美しいものに囲まれて生きていくのよ、帆希』

母は、いつも穏やかで優しく、何より品格のある人で、「家」という城を支配する女王だった。

家の中は、母が集めた美しいもので作られていた。引き算されたセンスのいい空間。それが私の生まれたこの家だ。

―母も…父もいなくなった……お城。

完璧な家の中で私はひとり、考えていた。生きていく為に必要な「お金」を、働かずして手に入れる方法を―。

『何かあったらいつでもお兄ちゃんに助けて貰うのよ』

ふと、少し鼻にかかった母の声が聞こえた気がした。

「…お母さん?」

私は思わず周りを見渡した。もちろん、誰もいない。この家にいるのは、私だけだ…。

「何やってんだろ…私」

何だか自分の行動が可笑しくて、つい笑ってしまう。絶対、働かないで生きてやるって決めたっていうのに。感傷的になる暇は私にはないはずなのに。

「よし! 行くぞ、帆希!」

私は、がらんとした家の中で、鼓舞するように自分自身に声をかけたのだった。



「さっきパパに連絡したんで、今日はゆっくりしてってくださいね」

「ごめんなさいね、急に来ちゃって」

「全然! あたし、ずっと帆希さんのこと心配だって、パパに話してたんですよ~だから今日、会えて嬉しいです、すっごく! 帆希さんは白のグラスでいいですか?」

「…私は…スパークリングで」

二子玉川駅に程近い『ルーナ ノクト オヤマダ』で、兄嫁である早紀とランチをしている。

早紀は兄嫁と言っても、私より7つも年下で、兄の二人目の妻だ。

「早紀さんとうちの兄って結婚して…もうすぐ2年だっけ?」

「はい。あっという間ですよね~」

お見合いで結婚した前妻と兄は、結婚当初からぶつかり合うことが多かった。兄夫婦の間に出来た二人の孫の為にと、父は幾度となく仲裁に入っていたが…2年前、前妻は二人の息子を連れて家を出て行ってしまった。

目の前にいる早紀は、そんな傷心の兄の心の隙に入り込み、あっという間に結婚へと持ち込んだ策士だ。

「パパと、そろそろ赤ちゃん欲しいね~って話してるんですよ~」

そう言って無邪気に振る舞う早紀だったが…目はちっとも笑ってはいなかった。

―手ごわい相手…。

心の中でそう呟きながら、私は

「兄には、頑張って貰わないとね!」

と、満面の笑みを早紀に向けていた―。

【無業の女王】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo