東京女、27歳 Vol.3

地元に戻って家業を継ぐor東京で“野心”を試す?27歳、逃げ腰気味のコンサバお嬢様が下した決断

東京には、全てが揃っている。

やりがいのある仕事、学生時代からの友だち、お洒落なレストランにショップ。

しかし便利で楽しい東京生活が長いと、どんどん身動きがとれなくなる。

社会人5年目、27歳。

結婚・転勤などの人生の転換期になるこの時期に、賢い東京の女たちはどんな決断をするのだろうか。

東京の荒波をスマートに乗りこなしてきたはずの彼女たちも、この変化にうまく対応できなかったりするものだ――。

前回は、医者家系に生まれ、自分の人生のレールが勝手に敷かれていることに反発していたが、何とか折り合いをつけた春奈を紹介した。今回はー?


<今週の東京の女>

名前:日香里
年齢:27歳
職業:飲料メーカー マーケティング
年収:550万
実家:名古屋市・......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
名前が日暮里に見えた。
2018/11/28 05:5499+返信4件
No Name
自分が実家を継いで社長になればいいのに。
カフェ併設してランチするとか。虎屋菓寮 赤坂店の名古屋版とか。
もっと広がるはず。
実家との縁は切れないんだから、ビジネスとして向き合ってみたらいい。
飲食始めてみて、苦労してみたら実家の凄さが分かるだろうけど。
2018/11/28 05:3999+返信7件
あか姐
このお母さんを説得するのは大変そう。もしかしたら起業のほとんどのエネルギーはそこに費やされるかも。それに、東京でどんなに成功しても家業の重みと比べたら「そんなもの」って言われそう。

…なんてことは付き合い長いんだもん、わかってるよね。それでもやってみたい、うんそうだよね。起業も家業もやってみて、得心しないと。もやっとした気持ちで送るには人生長いのよ。頑張れ👊😆🎵
2018/11/28 05:1966
No Name
なんかちょっと言い訳くさい…?
親を説得せずに逃げて帰るのもどうかと思うし、本当に飲食店をやりたくて経営の勉強がしたいなら、名古屋だって十分都会だし実家に帰って勉強する方がよっぽど近道に思えます。
2018/11/28 06:0158返信1件
No Name
帰れる場所を確保したままの挑戦なんて、上手くいくはずないよ。
2018/11/28 05:4246返信1件
もっと見る ( 42 件 )

【東京女、27歳】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo