東京結婚ファイル Vol.4

お金を払ってでも過去を変えたい。 玉の輿に乗ったはずの女が、日々感じる劣等感

ー結婚の正解が知りたいー

未婚・既婚に限らず、「幸せな結婚とは?」と、頭を悩ませている者が多い現代。

妥協婚事実婚、国際結婚、授かり婚、年の差婚など、多様性があるからこそ迷ってしまうのも事実。

未婚者は、自分にはどのスタイルが合っているのか。既婚者は、他の選択肢があったのではないか、と一度は考えるのではないだろうか。

結婚に「正解」があるとすれば、自分にとってのそれは何なのか?

結婚してしまった人も、これからの人も、色んな結婚のカタチをご覧いただこう。


File04:格差婚を選んだ女


名前:舞花
年齢:35歳
職業:専業主婦
パートナーの職業と年収:大手小売業 ・1,400万
結婚歴:7年
結婚のタイプ:格差婚


白金にあるシェラトン都ホテルの『ロビーラウンジ バンブー』に現れた舞花。

白い肌に、華やかな顔立ち。その美しさは遠くからでも目立つものの、装いの方は黒の膝下丈スカートに黒のニット。フラットなバレエシューズに、アクセサリーはパールのネックレスと、かなり控えめだ。

「あまり派手な服装をすると、浮いてしまうので・・・。受験を控えているため、普段からとにかくこの界隈で目立たぬように、浮かないようにと心がけております」

現在、5歳の息子がいる舞花。

夫である総二郎の家は祖父の代から小売業を営んでおり、舞花たちが住む白金高輪のタワーマンションも、彼の実家から援助してもらったお金で買った。

愛車は誰もが知る高級外車で、息子は私学受験を控えている。

これだけ聞くと非の打ち所がない“東京の勝ち組の暮らし”に聞こえるが、舞花の口からは意外な言葉が飛び出した。

「結婚してから、劣等感は増すばかり。今は良い暮らしができていても、過去だけはお金で買えないんですよね」

【東京結婚ファイル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo