オトナの恋愛塾~宿題編~ Vol.23

「可愛いのに、何か残念」。全てが平均値以上なのに、好物件男からは絶対に選ばれない女の特徴

私たちはこれまでに散々、LINEデートのHow toを学んできた。

しかし、やっとの思いでLINEやデートに漕ぎ着けても、失敗の可能性は常につきまとうのだ。

あんなに盛り上がったはずなのに、突然の既読スルーに予期せぬ別れ。 恋人同士になれたかと思ったのに、いつまでたっても一進後退を繰り返す関係性。そんな経験、無いだろうか?

男女の関係を次に繋げる方法を学ぶため、あなたに宿題を出していこう。

さて、今週の宿題は?


智也との出会いは、3ヶ月前に遡る。

食事会仲間の早希絵が誘ってくれた会で、私の正面の席に座っていたのが智也だった。

「沙代ちゃん、ヨロシクね!早希絵ちゃんとは、何繋がりなの?」
「元々は友達の友達で。でも気があって、そこからよく二人で遊んでいます」

はじめは皆でそんな会話をしながら、私たちは盛り上がっていた。

「そうだ、智也がこの前彼女と別れたばかりで。智也、沙代ちゃんとか可愛いし、タイプなんじゃない?」

智也の友人である健人が、気を回してそんな素晴らしいことを言ってくれたのだ。不意に目の前の智也と視線がぶつかる。

「え〜そんなそんな!智也さんみたいにカッコイイ人、恐縮です」

そう言いながらも、心の中では“健人さん、ありがとう!”と叫んだ。

ちょっと濃い顔に身長175cm以上はあるだろう。タバコも吸わず、今話題になっているベンチャー系の会社の役員ときた。相当な好物件であることは間違いない。

「今度、良ければ二人で食事でもどうですか?」

しかも予想外に智也の方から誘いを受け、私は大きく頷いた。

こうして智也と食事へ行くことになったのだが、この時点では、彼を落とせる自信があった。顔も性格も人から褒められることが多いし、女として合格点以上だと思う。

なのに、この“超好物件”をみすみす逃すことになってしまったのだ。

【オトナの恋愛塾~宿題編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo