• PR
  • 初体験の絶品メニュー!あなたが知らない驚愕の美味さの中華はコレだ!

    食材が旨味をたくわえ、美味しさを増す季節・秋。

    この時期にこそ訪れたいのが、赤坂にある星付きの名店『中華 うずまき』だ。

    旬の野菜を主役にしたメニューを得意とする名シェフ・柳沼氏が作り出す料理に、ビールを合わせる至福のひと時。

    思わず目をつぶって味わいたくなる、堪らない贅沢がここにある!

    温もりを感じる店内は、肩肘張らずに寛げる

    主役は“旬の野菜”
    絶品中華を堪能できる赤坂の名店

    夏の期間にたっぷりの日差しを浴び、のびのびと育った野菜たちが美味しさを増す季節・秋。この時期にこそ訪れたいのが赤坂の名店『中華 うずまき』である。

    料理の主役は“旬の野菜”。シェフ・柳沼哲哉氏が、毎日欠かさず築地に通って仕入れる野菜に加えて、独自のルートも駆使して東京では手に入りにくい野菜もそろえている。

    料理に使用する野菜は常に変化し、その時期一番美味しい野菜を使用する

    予約を1日3組に限定しているのも、食材への並々ならぬこだわりから。

    「いかに旬の野菜を一番いい状態で提供するか」という柳沼シェフの野菜への情熱は、皿から沸き立つ湯気と香りからも感じることができるだろう。

    コースは8品8,500円コースと、11品10,500円コースの2種。料理は全てシェフのおまかせ。訪れるたびに新たな料理との出会いを提供してくれる。

    「鶏肉ときのこ、芋炒め」

    ビールとの相性も最高の一品!きのこと芋の旨みと食感が弾ける一皿

    この日の一品目は「鶏肉ときのこ、芋炒め」。大黒しめじ、白しめじ、白まいたけ、まいたけ、しいたけ、ときのこだけでも5種を使用し、芋も薩摩芋、紫芋、ジャガイモ(インカのめざめ)の3種が入る。

    油通しを施した芋のほっこり感、仕上げる直前に入れるきのこのプリッとした食感、豆鼓、オイスターソース、中国醤油というシンプルな味付けによって、食材ひとつひとつの味わいが活きた逸品である。

    そんな贅沢な一皿のお供にはヱビスビールが最適。素材ごとの異なる旨みと食感に寄り添い、その美味しさを引き立ててくれる。

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ
    Appstore logo Googleplay logo