デスパレートな2人 Vol.6

29歳の誕生日にプロポーズを予感した、甘い夜。しかし決定的な亀裂が2人に入った意外過ぎる理由

―社内恋愛―

会社員なら誰しもが一度は経験するであろう、秘密の恋。

毎日会えて、仕事のことも分かりあえる。もしかしたら普通の恋より、濃密な関係が築けるのかもしれない。

しかし…。

時にその濃密過ぎる関係が、残酷にも2人を切り裂くきっかけにもなりうる。

これは、ある会社で起こったリアルな“社内恋愛の悲哀”であるー。

同じIT企業で勤務する、総務部吉田結衣(28)営業部エースで効率重視の斎藤健(32)。

結衣は健に告白され、交際がスタート。付き合って1ヶ月してすぐ、効率的に会うためにと同棲をはじめる。

一方会社では、株主総会で会長が修正動議を起こし、新社長として就任する。その後の飲み会で、結衣は旧社長松島の熱い想いに心打たれると共に、新社長野村への反抗心がどんどん育っていった。


結衣が帰宅すると、23時前という時間には珍しく健が帰宅していた。

既にお風呂も済ましているようで、ソファでスマホを見ながらくつろいでいる。

「ただいま。今日は早かったのね。」

日付が変わる前に健の姿を見たのは、いつぶりだろう。思わず少しトゲのある言い方になってしまっ......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
自分からベッドで会社の話振らなきゃにいいのに。
同じ会社以外、共通の趣味も話題もないのにプロポーズ期待するとか意味不明。
2018/08/28 05:4299+返信4件
No Name
この話悪い意味で展開が早いし誰にも感情移入できないし、読者は置いてきぼりになる感じですよね。。
2018/08/28 05:2199+返信1件
No Name
自分の嫌いな人に恋人が心酔してるってイヤだろうな。
2018/08/28 05:2399+返信1件
No Name
おっ、今日はちゃんとお風呂入ったかー
2018/08/28 05:2372返信2件
No Name
癌や膿を排除するっていう考え方の違いには、そこまで嫌悪感ないけど。
2人とも会話がなさすぎる。そんな寝る前にちょっと話しただけで分かり合えるような問題でも、そんな少ない情報量で判断すべきでもないと思う。
2018/08/28 05:4132返信2件
もっと見る ( 49 件 )

【デスパレートな2人】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo