モテキ参上! Vol.3

魔性の女を落とすには、練習あるのみ。模擬デートを繰り返して掴んだ、男の“モテの必勝パターン”とは?

男ならだれでも一度は夢を見る、“モテキ”。

しかし突然訪れた”モテキ”が、人生を狂わせることもある。それが大人になって初めてなら、なおさら。

茂手木 卓(モテキ タク)、29歳独身。趣味は微生物研究。

これまでの人生、「モテることなんて何の価値もない」と思っていた男。

そんな男が、モテ男ジェイと出会い、突然の起業。今までとは違う世界で絶世の美女と出会い、彼の今までの考えを大きく変えることになる。

一度味わってしまった際限のない欲望からは、簡単には逃れられないのであるー。


ミッドタウンの大きな窓に映る僕は、まるで別人だ。

Tシャツにジーパンを合わせるという行為自体は、幼い頃から幾度となく繰り返してきたことなのに、モノの値段が30倍になると、その仕上がりも全く違ってくる。

「タクくんって、身長高いからシンプルな服が似合うね♡」

そう言って僕を見上げ微笑んでくれるのは、ジェイの知り合いである玲奈ちゃんという女の子で、職業はモデルらしい。(彼女が何かに出ているのを見たことはないが。)

オタクだった僕が、こうして女性とデートをしているのにはある理由があった。実はいま、密かな目標があるのだ。

ー名前も分からなかったあの女神にもう一度会うまでに、男をあげてやる。

“女神”とは、この間のパーティで、「西のバフェット」の異名を持つ投資家・岩城と共に現れた絶世の美女だ。

彼女に一目ぼれした僕が決めたのは、まずは女性と上手く話せるよう、反復練習を行うことだ。元々人付き合いが得意な方ではないが、相手が女性ともなると、一言も話せなくなる危険すらある。

「うん、俺もタクはもっと人慣れした方がいいと思ってた。これも帝王学の一種だよね。」

ジェイの後押しもあり、“男性と遊ぶのが上手な女の子”として、パークハイアットの『ニューヨーク バー』で一度会った玲奈ちゃんとデートする運びになったのだ。

「今日の服、涼しそうだね。」
「ふふ♡ありがとう」

玲奈は今日、背中が大きくあいたボルドー色のブラウスを着ていた。何か言わなければと口に出した言葉は少々的外れにも感じたが、意外にも彼女は嬉しそうだ。

「タクくんって、聞き上手だね♡」

オタクの口下手男が、オシャレな聞き上手に変わる。

「人は見かけが9割」と一時期よく聞いた言葉だが、あながち間違いではなさそうだ。

【モテキ参上!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo