年の差婚コンフィデンシャル Vol.6

「貴方はいつだって、自分のことばかりね」誰もが羨む成功者が渇望した、たったひとつの幸せとは

−年の差婚−

40代のリッチな夫に、20代の美しい妻。
多くの人は思うだろう。打算で結ばれた男女。
そこに「愛」などあるはずはない、と−

51歳で急死した資産家の山中修也。4年前に結婚した美しい妻、塔子(30)とは、22歳の年の差婚だった。

保険調査員の小林真奈(30)は、この奇妙な夫婦の関係者に話を聞いていく。

山中と出会う前の塔子をよく知る、元婚活仲間の堀あずみ(29)。彼女の話で、真奈はようやく塔子という女の美貌の奥に隠された、傷つきやすくもろい心の内側を覗き見ることとなる。

そして堀あずみの話によれば、結婚後の塔子は「監視されていた」という。その監視者の正体とは−


監視者と探偵のお茶会


小林真奈(30)は、もう分からなくなっていた。

自分はどこへ向かっているのか。探偵まがいのことをしてまで、この奇妙な夫婦の何を知りたいというのか。

堀あずみ(29)の話で、いくつかの謎はとけた。なぜ美貌と知性に恵まれた25歳の塔子が、22歳も年上の男を選んだのか。元彼に「底なし沼」と呼ばれた色気や激しい情熱を、夫である山中修也には捧げなかったのか。

すべては、並外れて繊細な自分の心を守るため−

一方で、いまだによく分からないのは山中の思いだ。

山中には秘書の松浦芽衣子(39)をはじめ、愛人関係にある女性が複数いたようだ。塔子にも、出会ったその日に「きみはおれと結婚するべきですよ」と告げるほど“肉食系”だった山中が、なぜ美しい妻と一度も寝なかったのか。

ホテル椿山荘のティーラウンジ『ル・ジャルダン』

真奈は、優雅にアフタヌーンティーのスコーンを口元に運ぶ目の前の女性をチラリと見た。

梶田雅美。54歳。本人が良家の奥さまと言われても不思議ではない品のある中年女性だが、その職業は、家政婦。

山中が34歳で前妻の沙也加と結婚してから51歳で突然の死を迎えるまで、その波乱万丈な人生のほとんどを見てきたであろう女。

そして、堀あずみの話によれば、この家政婦は、結婚後の塔子をずっと「監視していた」という−

【年の差婚コンフィデンシャル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo