35歳のヤバい女 Vol.5

20代“妊婦サマ”との修羅場。対抗心MAXの独身女が、戦意喪失した意外な理由

ー女の市場価値は27歳がピーク、クリスマスケーキの如く30歳以上は需要ゼロなんて、昭和の話でしょ?ー

20代の女なんてまだまだヒヨッコ。真の“イイ女”も“モテ”も、30代で決まるのだ。

超リア充生活を送る理恵子・35歳は、若いだけの女には絶対に負けないと信じている。

周りを見渡せばハイスペ男ばかり、デート相手は後を絶たず、週10日あっても足りないかも?

しかし、お気に入りのデート相手・敦史が26歳のCA女を妊娠させたことが判明。しかも彼は、結婚後も理恵子との関係を続けたいと言い放つ。

さらにはバツイチの元彼・新太郎に「ヤバい女」と酷評されたうえ、敦史の婚約者から突然電話がかかってきたが...?


―どうして私が、敦史の婚約者なんかと会うことに...。

理恵子は大きな溜息を何度も吐きながらも、オフィスの化粧室で念入りにメイクを直していた。

ただファンデーションやリップを足すだけでは、見栄えは良くなっても肌の疲れが逆に目立つことがある。

よって、オイルで軽く肌艶を整えてから、リキッドタイプのファンデーションを少量ずつ丁寧にのせていく。リップもアイラインも敢えて控えめに、自然かつ巧妙なナチュラルメークを意識した。

—あぁ、面倒臭い...。

こうして鏡に向かってみると、35歳の女が26歳の女と1on1で対面するのは、男とデートするよりもずっと気を使うということに気づく。

だが、ここは大人の女の余裕の見せ所だ。

愛梨という女は「とにかく会って話がしたい」とのことだが、目的は、おそらく理恵子の値踏みと優越感の確認であろう。

そんな小娘の浅はかな魂胆は、返り討ちにしてやる。

理恵子は対抗心をバチバチに燃やし、鼻息荒くザ・リッツ・カールトン東京の『ザ・ロビーラウンジ』に向かった。

【35歳のヤバい女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo