35歳のヤバい女 Vol.1

35歳のヤバい女:27歳が女のピークなんて、昭和の話でしょ?30代女が、若い女より俄然モテる理由

ー女の市場価値は27歳がピーク、クリスマスケーキの如く30歳以上は需要ゼロ、なんて昭和の話でしょ?ー

20代の女なんてまだまだヒヨッコ。真の“イイ女”も“モテ”も、30代で決まるのだ。

超リア充生活を送る理恵子・35歳は、若いだけの女には絶対に負けないと信じている。

周りを見渡せばハイスペ男ばかり。デート相手は後を絶たず、週10日あっても足りないかも?

だが、仕事もプライベートも絶好調であった彼女の人生が、徐々に狂い始めていく...。


「理恵子ってさ、会うたびに綺麗になるよな。こんな美女と金曜の夜にデートできるなんて、俺ってば幸せな男だなぁ」

敦史の言葉を微笑と共に軽く受け流しながら、理恵子は食前酒のプロセッコのグラスに口をつけた。

白金のプラチナ通りの裏路地にある隠れ家風イタリアン『ロマンティコ』は二人のお気に入りで、頻繁に訪れている。

「やっぱり女性はさ、知性と大人の色気がないとダメなんだよ。会社の若いOLたちなんてさ、お決まりの薄っぺらい“さしすせそ”攻撃で下心が見え見えでさ...」

敦史は会うたびに、こんな風に若い女をコキ下ろしながら理恵子を褒め称えた。

37歳の外資コンサルティングファーム勤務の敦史は、若干こじらせた独身貴族オーラはあるものの、理恵子の一番お気に入りのデート相手だ。

清潔感のある顔立ちも引き締まった身体もなかなかイイ男で、スペックだって悪くない。

「それにさ、この年になると“結婚”を考えずにはいられないだろ。やっぱり理恵子みたいに自立してて、しかも美人のパートナーだったら安心だよな...」

敦史は熱っぽくこちらを見つめると同時に、理恵子自慢の豊満な胸をチラチラと盗み見ている。だが、少々無遠慮なその視線も、今夜は許してやろうと心の中でほくそ笑んだ。

“結婚”という言葉がチラつくたび、理恵子は彼の本気度と自分に対する尊敬を確認できるからだ。

「...ふぅん」

クールに相槌を打ちながらも、上機嫌になった理恵子は、今夜は敦史の部屋に寄ってやってもいいと決めた。

【35歳のヤバい女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo