東京パワースポット物語 Vol.4

リーマンショックでクビになった男の雪辱。元外資金融エリートの、“出世”への執念とは

富と名誉を手にし、ほしいままに動かす「成功者」たち。
きっと皆、その座を掴むために血のにじむような努力をしているのだろう。

でも、頑張るだけじゃ成功できない。

―運も実力のうち。

成功者たちのほとんどが、努力と同じぐらい「運」を重視して、自分だけの特別なパワースポットやラッキーアイテムを持っているという。

これまで、パワハラで夢破れた商社ウーマンを人気料理家へと転身させた金運アップの泉や、傷つくことを恐れる臆病な女を解放し、セレブ婚へと導いた不思議な指輪を紹介した。今回は?


話題のフィンテックベンチャーの創業者、慶介(37歳)の場合


『新亜飯店』で夕食を共にした慶介は、アツアツの小籠包を箸で器用につまんで蓮華に乗せては、ふぅふぅと息を吹きかけて口に運んでいる。

身長は170センチ弱ぐらいだろうか。ほどよく鍛えられた肉体はしなやかだ。

シンプルなチェックのシャツにデニムのパンツを合わせ、左腕にはアップル......


【東京パワースポット物語】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo