永久保存版B級グルメ Vol.5

モツ入りスープに絡みまくる極細麵が止まらない!台湾の庶民の味、麺線とは?

五目・一人前・焼き(ランチ)¥850(※ランチのみスープ付き)


米粉ビーフンに鶏ガラの旨みがぎゅっ!
『ビーフン東』の五目・一人前・焼き(ランチ)

駅から徒歩0分の新橋駅前ビルに、かの池波正太郎も愛したという歴史あるビーフン専門店がある。昭和26年、新橋に〝阿津満〞の名でオープン。昭和41年から現ビルに入り、今ではビルで最も老舗となった。

台南で日本料理店を営んでいた先代が、戦後まもなく日本ではまだ知名度の低かった、ビーフンに目をつけた。

ビーフンメニューは並・五目・蟹玉と3種類、サイズは小盛・一人前・大盛があり、焼きかスープを選ぶシステム。本来のあっさり味にも旨みはあるが、卓上の自家製にんにく醤油をかけて、自分好みの濃さに調整するのもいい。

「蟹玉・一人前・スープ」¥850


鶏ガラ出汁のスープビーフンにふわっふわの卵が乗った「蟹玉」も、人気の一品。

「まだ学生だったころに初めて足を踏み入れました。ビルの中には沢山の呑み屋やマッサージ屋などがひしめき、こんな世界があるのか!と刺激的でした」と感慨深そうな雄飛さん。

エネルギーを蓄えたいお昼時には大盛・焼き、夕方飲んだあとの軽い〆にはスープビーフン。そんな使い分けができるのもいい。

「バーツアン」¥700

リピ率90%のちまきはなんと250g!豚肉、うずらの卵などの具がごろごろ入っていて、食べ応えは抜群。

「バーツアン(ちまき)も大好物で、必ず持ち帰る定番です」と話す雄飛さん同様、「バーツァン」をお土産にする客はとても多い。

唯一無二のビーフン専門店は、店を出てからも美味しい楽しみが続くのだ。

夜のみ貸切可 ※全て夜はプラス税

看板のモダンなお店のロゴは、先代がデザイン

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

いつもと違う「上質な新橋」を大人は知っておくべき!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

【永久保存版B級グルメ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo