先週のアクセスランキング!1位は「「どこからが嘘で、演技だった?」婚約破棄された恋人に、ずっと聞きたかった1つの疑問」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“婚約破棄された恋人に、ずっと聞きたかった1つの疑問”に“私、愛されてる?”から“プロ彼女”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
「どこからが嘘で、演技だった?」婚約破棄された恋人に、ずっと聞きたかった1つの疑問

「怜子は、俺に合わせてばっかりで、本当はどう思ってるのか分からない。」
「怜ちゃん、僕と一緒にいる意味ある?たまには甘えてよ。」
「怜子は、1人でも大丈夫なんだね。」

そんなことばかり言われ続けた。甘えて、と言われても両親にすら甘えたことのない私は、その方法が分からないまま、どんどん『恋愛』が苦手で、苦痛なものになっていった。

―この人に会うまでは。

続きはこちら

★第2位
愛しのドS妻:夫の不実を知った妻の逆襲。後悔しても遅い、“出来心”の大きすぎる代償

「触らないで!」

差し出した手に痛みが走り、貴裕は自分が妻に拒否されたことに気づく。

「汚い。気持ち悪い。もう二度と、私に触らないで」

嫌悪をあらわにした妻に吐きかけられた、信じられない言葉。そのときようやく貴裕は、起きてしまった事の重大さに気がつくのだった。

続きはこちら

★第3位
私、愛されてる?:「夫はATM」と割り切れない妻。愛のない夫へ突きつけた禁句とは?

愛情の溢れる家庭であれば、金銭的な自由度が減ったところで文句はない。だが、孤独な上に夫に気を使いながらお金を遣う今の生活と比べれば、父親の庇護のもとにいた時の方がよっぽど自由な生活をしていたではないか、と考えてしまう。

その時だ。ガチャン、と遠慮がちに玄関を開ける音がした。声はしないが、健介が帰ってきたのだろう。

だが次の瞬間、真希は夫の発言に耳を疑うことになる。

続きはこちら

★第4位
無残にも奪われた“女の幸せ”。「赤ちゃんは、ママを悲しませたくない」の本当の意味

藤木曰く、妊娠初期の流産は受精卵の染色体異常によるもので、母体に責任はないと言い切った。いつもよりさらに高圧的な口調の中に、彼なりの慰めの気持ちもあったような気がする。

「...松本さん、“陽性”の結果が出たのも前進です。あまり気を落とさないでくださいね」

担当の優しい看護師は、杏子の背中をさすりながらそう言ってくれた。この時は、「そうですよね」と辛うじて口角を上げる冷静さも残っていたが、会計時、毎度何万円もする診察費がたったの2千円という最安値であったとき、流産という結果が急に現実味を帯びたのだった。

続きはこちら

★第5位
プロ彼女:芸能人と気軽に出会える街・西麻布で受ける、華麗なる港区の洗礼

頬を赤らめた女の子たちのスカートの中身が見えそうになる度に、私はそれとは逆に姿勢を正した。

何の生産性もないこの活動が、不毛に思えて仕方なかった。くだらない飲み会に1万円が飛ぶくらいなら、フレンチでランチをするか可愛いワンピースを買いたい。朝まで飲んで二日酔いに苦しむくらいなら、お肌のために早く寝たい。

新入生の女の子たちは、イケメンの先輩目当てでこのサークルに加入したようだが、私の目的は違う。

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >



【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて、家でも最高のビールを愉しめる「神泡体感キット」をもらおう!
アンケートはコチラから!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo