手配師ルナの事件簿 Vol.7

頼れて仕切れる幹事役orただ楽しんでいる参加者。女が食事会で一番モテる立ち位置はどこ?

地球上に男と女がいる限り、事件は起きる。

それはLINE上やデートのときだけでなく、男女の出会いの場である“お食事会”でも多発しているのだ。

この東京のどこかで、毎晩開催されているお食事会をセッティングするのは、“手配師”と呼ばれるルナ。

これまでに、1軒目で早々に帰っていく女、結婚指輪を外して食事会に参加する既婚者の男割り勘3,000円を喜んで支払った女たちと遭遇した。

今週の、食事会で起きた事件とは・・・?


「美紗子ちゃん、来週の金曜空いてる?お食事会のお誘いなんだけど...」

ルナさんからそう連絡があったとき、私は「空いてます♡」と即レスした。

ルナさんに誘われて参加した食事会で、ハズレは一回もない。だから今回もどんな出会いがあるのか、と大いに期待は膨らんだ。

食事会は、数ではない。質が勝負なのだ。

そんな彼女が声をかけてくれた食事会に、私は友人の有香、そして沙織という3名で参加した(今回ルナさんは、用事があって来られなかった)。

お相手は、オンライン英会話の会社を経営する高島とその友達たち。

ルナさんが不在のため、食事会当日の女性側の幹事は自然と私になった。そして男性側の幹事は高島となる。

しかし私はこの会で、“食事会でモテる立ち位置”をはっきりと悟った気がする。

食事会に必要な盛り上げる人・仕切る人(場を回す人)。そして静かに話を聞く人。果たしてどのポジションが一番、結果を残しやすいのだろうか。

【手配師ルナの事件簿】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo