理想の嫁 Vol.7

「跡継ぎはまだなの?」代々続く名家に嫁いだ女が直面した、後継者問題のプレッシャー

ー女は、家庭に入って夫を影で支えるべきだ。

経営コンサルタントとして活躍していた美月のもとに、ある日突然義母から突きつけられた退職勧告。彼女は専業主婦となることを余儀なくされた。

内助の功。それは、古くから手本とされている、妻のあるべき姿。

しかし、美月は立ち上がる。

いまや、女性は表に立って夫を支える時代だと信じる彼女は、経営難に直面した嫁ぎ先をピンチから救うことができるのか?

先週、義母のナイスアシストにより動き始めた山内家。今週は…?


美月の足取りは重かった。

今日は山内家の法事。当然、あの真紀子もやってくる。

真紀子には、医院の経営が上向きにならないのならば出て行ってもらうと宣言されたところだ。

その後の様子を聞かれるだろうし、再びプレッシャーをかけられることが容易に想像出来る。

最近は、......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
天然だけれど良いお姑さんと、優しい旦那さま。
分かりやすいヒールの伯母。
月曜の朝はこんな感じの話がちょうど良いかも❗️
2018/05/21 05:0899+
No Name
豊、思ってたよりいい旦那だった…!
マイペンライが合言葉とか可愛い😍
2018/05/21 05:0899+返信3件
No Name
山内ビルって何階建てか知らないけど、テナントとして叔母さんの息子の医院入れたら良いんじゃない?
空いてないのかな?
所有権半分あるならシェアすれば?
しかし、叔母さん嫁に行くとき相続で揉めない様にしておいて欲しかった。
お祖父さんのせいだね。
2018/05/21 05:3882返信1件
No Name
ビル内に医院いっぱい入れたらいいんじゃない?
もうすでにそういうビルがあるって何かで見たけど
2018/05/21 06:2233返信1件
田舎者
豊さんは意外と大物かなあ。
2018/05/21 06:4331
もっと見る ( 33 件 )

【理想の嫁】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo